スコット・ウォーカー Scott 音楽のみなもと

アクセスカウンタ

zoom RSS 注目の新星ナターシャ・カーンとスコットがデュエット

<<   作成日時 : 2009/03/16 00:23   >>

トラックバック 0 / コメント 4

イギリスの音楽界に彗星のように現れた女性アーティスト "Natasha Khan"(ナターシャ・カーン)の音楽ユニット "Bat For Lashes"(バット・フォー・ラッシィズ)のセカンド・アルバム "Two Suns"で Scott Walkerが歌の共演。 (記事追加)

画像


エキゾティックな容貌と神秘的な透んだ声が織りなす「不思議の国のナターシャ」。
初々しさと妖しさとパワーを秘めた独創的なナターシャ・カーンの音楽世界には トム・ヨークならずとも惹きつけられてしまいます。

彼女のバイオグラフィーによると 1979年10月25日生まれで 父がパキスタン人(パシュトン人) 母がイギリス人。
イギリス南部にある海辺の町ブライトン出身。 音楽とヴィジュアル・アーツを専攻したマルチ・ミュージシャン。
文字と色彩と風景が一体となって心に浮かんだ時が彼女の音楽のみなもと。

画像


その魅力の片鱗を彼女のHPなどで触れることができます。 
来る4月6日(月)には "Bat For Lashes" のセカンド・アルバム "Two Suns" が
リリース。
 
これはスコットの歌を云々するよりも まずはナターシャの世界に静かに耳を傾けてみたい気がします。

Bad For LashesのHPはこちら。 (Music + Videoで色んな映像が楽しめます) 

新アルバム"Two Suns"の曲目:

1. "Glass"
2. "Sleep Alone"
3. "Moon and Moon"
4. "Daniel"
5. "Peace of Mind"
6. "Siren Song"
7. "Pearl's Dream"
8. "Good Love"
9. "Two Planets"
10. "Travelling Woman"
11. "The Big Sleep" (featuring Scott Walker)

‘Two Suns’ was written and recorded around the world, from Big Sur and the Joshua Tree desert in California to the rolling Welsh countryside and the city sprawls of New York and London.

★Big Sur(ビッグ・サー)・・・アメリカのカリフォルニア州中央部にある太平洋沿岸の地。
画像


★Joshua Tree(ジョシュア or ヨシュア・ツリー)・・・ロサンゼルスの東方パーム・スプリングスに近い"Josua Tree National Park"一帯に生えている奇怪な形をした樹木。 洋楽ファンにはU2の曲で有名ですね。
画像


★the rolling Welsh countryside・・・イギリスのウェールズ地方の田舎の景色。
画像


そしてNew YorkとLondonの裏通り・・・。

とくれば 私の興味をかき立てずにはおりません。
しかも若きミューズを天空から見守る父のようなスコット・ウォーカーとの歌唱は この上ない悲しみに満ちた珠玉の作品。

======   ======   ======

■追加記事: jiejoさんのコメントでご案内いただいた興味深いエピソード。(yahoo! group参照)

★ナターシャが畏れ多くもスコット宛てに "The Big Sleep" の楽譜付きの原曲をメールしたところ スコットから返事があり 間もなく本人が歌うデュェットのパートが返信されてきた。 
Scott : 「(提供したパートが)うまい具合に行ってくれればいいですが。 あなたの曲を熟考した上でそれにふさわしくなるようにやってみたんだ。」

(以下はMOJO 2009年4月号のインタビュー参照)
★レコーディングでは 彼女に優しく誠実に対応した様子のスコット。 録音終了後のメールには・・・ 
Scott : 「(出来上がりに)あなたが満足してくれますように。 僕のはまぁ 薄気味悪い暗がりで聞く正体不明の声みたいなものだよ。」 

★ナターシャがScott Walkerの歌を知ったのは 彼女のママが好きだった曲
30世紀の男」(30 Century Man)。
過去の作品で印象にあるのはストリングスの不協和音が美しい「雨の日
(It's Raining Today)。 (両作品共アルバム「Scott 3」収録曲)

そして特に好きなのは最近作の「ドリフト」(The Drift) とりわけアルバム・トップ 「コサックたちは」(Cossaks Are)の曲は スロウなメタル・サウンドのように感じられたとか。 「もう神業的作品!」と絶賛。

======   ======   ======

アルバムのラスト・ソング "The Big Sleep"の試聴はこちら。 (音声再生バー上段2分36秒)

★HMVはこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
catwalkerさん、なかなかの曲ですね。年齢を感じさせるScottの声が控えめに重なるデュエットもとても素敵だなぁ。この曲、思い切ってメールで依頼した彼女にScottが快諾してくれて完成したようですね。
彼女の世界はすごく魅力的で、Scottがこの共演を引き受けたのもたしかに頷けます。(トムヨークも彼女のファンなのですか?)Scottのますますの活躍に期待しましょう。
jiejo
2009/03/18 11:55
jiejoさん とても面白い関連情報をお知らせくださってどうもありがとう!(関連記事は後で追加します)。
"Bat For Lashes""Natasha Khan"については 全く予備知識がなく白紙の状態で試聴しました。
ピアノや打楽器のリズムは中近東+声の旋律はケルト+彼女の現代性が相乗効果となった目新しいサウンドは 実に個性的ですね。

彼女は去年(2008年)のRadiohead公演で オープニング・アクトに招聘されたとか。(日本公演は別のグループでしたが)

今回の話題で嬉しかったのは
UKのアーティストにリスペクトされるだけのScottではなく 若い才能に即座に反応して歌ってしまった "Explorer Scott Walker" をより一層頼もしく感じたことです。 
catwalker
2009/03/19 01:15
「The Big Sleep」に挿入されている映像、鬼才、デヴィッド・リンチ監督の「Mulholland Drive/マルホランド・ドライブ」の映像でした、ナターシャ・カーンは、リンチファンの様ですね。
デヴィッド・リンチの作風って、「Tilt」や「The Drift」と相通じる様に感じています。
tatts
2009/03/21 05:54
tattsさんの追加情報ありがとうございます・
あの映像に不思議とビッタリな音楽だったので ついサントラか?と誤解しちゃったほど。
私はDavid Lynch作品をまだ見たことがなく 以前たまたまラジオで監督の大ファンだという伊集院光の話にのせられてちょっと興味を持ったりしました。
そういえばStephen Kijak監督のごひいきの監督でもありましたね。Scottはデヴィッド・リンチ作品を好きかな? Scottは硬派の監督が好きな気がするんだけど・・。果たしてどっちなのかちょっと興味がありますね。  
catwalker
2009/03/22 00:07
注目の新星ナターシャ・カーンとスコットがデュエット  スコット・ウォーカー Scott 音楽のみなもと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる