スコット・ウォーカー Scott 音楽のみなもと

アクセスカウンタ

zoom RSS London Walker (Chiswick)

<<   作成日時 : 2009/12/06 17:04   >>

トラックバック 0 / コメント 4

"London Walker 2008" の一番の目的は "The Drift" などのレコーディングをしている "Metropolis Studios" がある 町を訪ねることでした。 (追加記事あり)

映画「スコット・ウォーカー 30世紀の男」によって初めて映し出される "The Drift"のレコーディング風景は スタッフと共に活き活きと音作りをしているスコットの様子が伺われる大変興味深いもの。

画像


画像


また "The Drift" のみならず 1995年の "Tilt" 以来 2009年の "Bat For Lashes"への提供曲 に至るまで 主要な録音スタジオとして "Metropolis Sutudios" の名がクレジットされています。

" Tilt "
" Pola X "
" We Love Life " (Pulp)
" Darkness " (Plague Songs)
" And Who Shall Go to the Ball? And What Shall Go to the Ball? "
    (ダンス・グループ "Candoco Dance Company"への公演楽曲提供)
" The Big Sleep " ( "Two Suns "by Bat For Lashes )

言うなれば このスタジオこそScott Walker音楽のホームグラウンドであり スタジオがあるこの町は 《現在のスコットにも関心を抱く》 ファンにとって 一度は訪れたい「聖地」といえるかもしれません。

■「メトロポリス・スタジオ」は ロンドンの西郊外にある "Chiswick"の中心街 High Road にあります。
"The Power House"という建物名がその由来を伝えるように 1901年 「路面電車のための発電所」として建立されたビクトリア朝様式の大きな建物の中に モダンな録音スタジオは「内蔵」されています。

画像


さすがロンドンと感じるのは ソフトは変えても建物の外観は100年も経っているというのにそのまま維持していること。 イギリスの歴史的建造物(Grade U*)に指定されています。

画像

 
                        

画像


内部は改装されていますが メタリックな室内構造が当時の窓や荒い壁の感触と妙にマッチして 不思議な雰囲気! 

画像


画像


                        

画像


画像


画像


■映画"Scott Walker 30 Century Man"においてしばしば映し出されるスタジオ風景が "Metropolis Studios" の以前のHP他にあったので まだご覧でない方は参考になさってください。

●Studio A (嬉しいことに このスタジオの音響設計は日本の豊島政実氏が手がけています。) (Sam Toyosima LaboratoryのHPはこちら。)

画像


●Studio B (スコットが録音に利用したコントロール・ルームとガラス越しに見える歌入れしたスタジオ)

画像


画像


●Studio C

画像


●Studio E

画像

 
 *BBCの「ザ・ドリフト」発売時のインタビュー(The Culture Show)は
   このEスタジオ(↑↓)で行われたんですね。

画像



■「メトロポリス・スタジオ」は ヨーロッパでも最高の録音スタジオとして 数多くの著名ミュージシャンに利用されています。 詳細はこちら

                    (追  記) 

Jiejoさんの「メトロポリス・スタジオ」訪問メモ。 
          
玄関の堅牢なドアを開けたら、Metropolisマークのエントランス・ラグがお出迎え!

画像


受付の女性は、とっても感じのよい人で、ここからだけなら写真を撮ってもいいって言ってくれました。 

画像


ロビーは吹抜けの広い空間で、そこから地下へ続く階段と、3階へ続くスチール階段があります。
映画のなかに出てくる「この階段の一番上の踊り場からScottが見下ろ していた」という話を思い出して、ずっと見上げてしまいました。

画像


映画によると、たしかこの階段のてっぺんにScottが立っていたんですよね〜。

画像


ところで、受付の方に「犬はいますか?」って聞いたら「え?いませんよ〜」ですって。。。
内心かのスタジオ犬に会うのを楽しみにしていたのに、残念でした〜〜〜。 
                         
                      (Jiejo)

            ☆===============☆

Jiejoさん、貴重な体験談と写真をありがとう!

名ディレクターの雰囲気が漂っていたメトロポリスのアイドル犬 私も久しぶりに会いたくなりました〜。 

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
catwalkerさん、jiejoさん、詳しい解説と写真ありがとうございます! 今度Londonに行ったら私も見てこうかな〜 Chiswickは魅力ある街でもありますしね。
lalamoon
2009/12/08 17:04
lalamoonさん コメントありがとう。
Chiswickは ScottとこのMetropolisスタジオのご縁がなければ知らないままで訪れることのない所でした。
次回はこの町をLondon Walkerいたします。
catwalker
2009/12/09 02:34
白黒の古い写真との対比がスタジオの建物の歴史を感じさせますね。重厚な正面ドアも立派。その中でDriftが録音されたなんて・・新しいものと古いものが混ざったような雰囲気がいいですよね。
TC
2009/12/10 12:37
昔の発電所が変身して今や「音楽の殿堂」となった建物・・・TCさんが感じられた「新しいものと古いものが混ざったような雰囲気」って 確かにScottの音楽にも言えますね。
catwalker
2009/12/12 05:15
London Walker (Chiswick)  スコット・ウォーカー Scott 音楽のみなもと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる