スコット・ウォーカー Scott 音楽のみなもと

アクセスカウンタ

zoom RSS Robert Plant - "Farmer In The City" at Abbey Road

<<   作成日時 : 2010/03/01 00:28   >>

トラックバック 1 / コメント 102

ロバート・プラント(元レッド・ツェッペリンのヴォーカル)がスコット・ウォーカーの "Farmer in the City" をライヴで歌いました。 (追加記事あり)

といってもロバート・プラント氏の音楽は全然知らないので Jiejoさんが助太刀。

画像


             ♪〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪

Robert が "Tilt" を評価している事は知っていましたが、カバーまでしているとは。。。
ちょっとびっくりするとともに、嬉しいニュースです。

彼は2005年に15曲のFavorite SongsのCDをだしていて、そこにScottの曲があります。

http://ilovemusic.exblog.jp/7042758/

http://eil.com/shop/moreinfo.asp?catalogid=376687

彼は、民族音楽に影響をうけて面白い事してるみたいですね。
それに最近のグラミー賞を受賞しているとは知りませんでした。 
そんな事もあって、15曲全部さわりだけでも聴いてみたくなりました。  

              ♪〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪

Jiejoさんからの連絡で調べてみたら つい最近ロバート・プラントがライヴで歌った"Farmer in the City"がyoutubeにUPされていました。 (youtubeのこちら)

ガン研究支援チャリティの一環で 2010年2月25日 ロバート・プラント氏等がアビイロード・スタジオで行ったショウのようです。

レッド・ツェッペリン時代の甲高い声じゃなく しわがれた声でブルージーに歌うロバート氏ですが この作品を好きなんだろうなぁという思いは感じられました。
皆さんはいかがですか?


(こちらの方がエンディングまで聴けます)

(追加記事)

youtubeで検索してみたら レッド・ツェッペリンの聴き覚えのある曲ありました。
"Whole Lotta Love"「胸いっぱいの愛を」 「移民の唄」 くらいですけど。。。ラジオでよく流れていましたね〜。

コメントを寄せてくださった方々のおススメで ロバート・プラント&アリソン・クラウスのアルバム "Raising Sand" から "Gone Gone Gone"をこちらで視聴。  

画像


軽やかでリズミックな何て気持ちのいい曲なんでしょ!  プラント氏の嬉しそうなデュエット いい感じ! 
miracle-muleさんの「音楽図書館」に申し込もうかしら?
(初リンクいたしました。 miracle-muleさんのサイトはまるで「音楽の泉」のよう。 スコットのアルバム紹介も素晴らしい!)

★ロバート・プラントのウィキペディアはこちら

               ♪〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪

忘れちゃいけません。 Robert Plantに絶賛されているアルバム "Tilt" から本家Scott Walkerの高音質バージョン "Farmer in the City" の音源がyoutubeにup。 比類ないとはこのことね〜。



*途中で停止したりうまく作動しない場合は通常バージョンのこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Robert Plant | Alison Krauss / Raising Sand
先日19年ぶりに再結成を果たしたLed Zeppelin、彼等の演奏に対して多くのファンが期待と不安を抱いていたと思いますが、実際に行われたパフォーマンスは素晴らしく堂 々としていたものだったらしくて、“終わってみれば褒め言葉しか見当たらない”という感じです。今回の再結成に対して否定的だった人達は、いったいどこへ行ってしまったんでしょうか?(笑) 再結成LIVEは絶賛されるわ、新しいベスト盤と“狂熱のライブ”リマスター盤は出るわ売れるわで、世間はすっかり“第○次ZEPブーム”という今日この頃です... ...続きを見る
I Can Hear Music
2010/03/03 00:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(102件)

内 容 ニックネーム/日時
ひたすら嬉しいです!!!

レッド・ツェッペリンの『胸いっぱいの愛』

北京オリンピック開会式で、ツェッペリンの偉大なるギタリスト「ジミー・ペイジ」が演奏したのを感激しながら観てました・・・・

70年頃、スコットを聴きつつ、FM放送でプラントの絶唱に驚愕したものでした・・・

そして、"Farmer in the City"を歌うプラントを観られるなんて、ボウイの「ナイト・フライツ」以上に嬉しい事実です!!!

tatts
2010/03/01 02:30
訂正します、北京オリンピック閉会式です、次回「ロンドン・オリンピック」へのインフォメーション・セレモニーでした。
tatts
2010/03/01 02:52
またまた貴重な情報をありがとうございます。
これは驚きです。まさかロバート・プラントが絡んでくるとは思いませんでした。彼、ああ見えても良いものにはとても素直に反応するひとのようです。
プラントの”ファーマー..”スコットに比べるとちょっと汗臭いけどいい感じでした。この曲、新時代のスタンダードというのを越えて21世紀のクラシックというか聖歌的佇まいを持ち始めた気がします。次はルーファス・ウェインライトに歌って欲しい。
プラントがT-ボーンバーネットと組んでグラミーを穫った
"Raising Sand"はツェッペリン嫌いの方にも聴いていただきたい落ち着きのあるでも冒険的な掛け値無しに素晴らしいアルバムです。是非お試し下さい。
miracle-mule
URL
2010/03/01 03:00
catwalkerさん、以前の質問にお答えいただいたお礼を申し上げていませんでした。凄い盛り上がりで出る幕がなくタイミングを逸してしまって。
彼にとっては新しい古いは大したモノサシではなかったのですね。ちょっと分かって来た気がします。
どうもありがとうございました。
miracle-mule
2010/03/01 03:13
catwalker様 Jiejo様 またまた感動的な情報、ありがとうございました。ご紹介の分聴きました。音楽の事は良く分からない身ですが、心に沁みました。

catwalker様 「Jarvis Cocker - Cossacks Are - Scott Walker」、ご紹介、ありがとうございました。しつこいようですが、舞台の全容を観ることができるサイトなどは存在するのかなぁ。自分自身でも調べてみますが、存知の方がいらっしゃったら教えていただけませんか。
Jarvis Cocker もロバート・プラントも、このブログがきっかけで初視聴。Scottをきっかけに新しいワクワクが次々!! ありがとうございます。
それから、重複購入の事。私の書き方が悪かったですね。新しい発見をしたゾ って嬉しい思い80%のつもりで書いた文章でした。先日おっしゃっていたように、曲は重なっていても全てのCDを手元に置きたい(笑)

miracle-mule様 URL拝見しました。"Climate of Hunter"の文章、何度も読み返しています。素晴らしい。これからも訪問させていただきますね。よろしくお願いいたします。
0109archangel
2010/03/01 10:53
ありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いいたします。
ここにおいでの皆さん皆親切でほんとに心地よいです。見物人として見ていてもいい気持ちになれますね。
miracle-mule
2010/03/01 17:01
ロバート・プラントにこんなかたちで再会するなんて
嬉しいかぎりです。ありがとうございました。
TC
2010/03/01 17:45
ロバート・ブラウン、ジミー・ペイジ、ジョー・コッカー、ジャニス・ジョプリン・・・この辺の人達覚えています。が、正直ついていけなかったかなー だってすごい迫力だし、ドラッグ漬けだっていうし・・・おっかなかった(笑)
でもロバート・ブラントがこういうミュージシャンになるとは思ってなかったです。好いおじさんになったじゃないですか!(笑)”Farmer In The City"が大勢の人達の好評を得ているのが、イントロで口笛がさかんに聞こえたことでわかりました。
miracul-muleさんの21世紀のクラッシック・・・、ああそうなったとしたらすごいですね!
walker-inthsun
2010/03/02 22:17
はじめまして。トラックバックと記事のリンクありがとうございます。

僕はThe Walker Brothersのベスト盤1枚しか持っていないような奴で、皆さんの会話には中々入っていけないんですが、僕の叔母がスコット・ウォーカー/The Walker Brothersの大ファンでした(なので、叔母が買ったアナログ盤が現在我が家にあったりします)。そんな叔母に連れられて、幼少の頃、The Walker Brothersのフィルムコンサートに行ったことがあるらしいです(良く憶えていないんですけど・・・)。“だからどうした?”と言われればそれまでですが、僕が語ることが出来るスコット・ウォーカーの話はそれ位かな?と思った次第です(汗)。

上の方で話題になっているロバート・プラントとアリソン・クラウスのグラミー受賞アルバム、僕も凄く好きで(2007年のベストアルバムはこれだったかも?)以前ブログの記事にもしたのでトラックバックさせて頂きます。
boostermania
URL
2010/03/03 00:30
記事もコメントも嬉しく読ませていただきました。今の私には足りない知識ばかりなので、読んでいてとても楽しい!

miracle-mule様、boostermania様、
URL興味深く拝見しました。Scottの音楽性の位置づけや評価など、感心がありますのでまた勉強させてください。

walker-inthesun様、0109archangel様
ありがとうございます。青春時代も今もScottのおかげで、人生が広く深く豊かに・・・お互いに大切にしましょう。
北山さんのことでお時間取ってくださったのですね。すみません。また何か情報があった時はよろしくお願いします。
anne
2010/03/03 12:00
Robertのfavoriteは私の好みにも似ていて興味が湧きました。 またmiracle-muleさん、私もRufus Wanewrightの件、同感です! boostermaniaさん初めまして、リンクありがとうございました!とてもおもしろいブログですのでブックマークさせていただきましたよ。先日のイヴェントに出られたゲストの方々もそうですが、リアルタイムファンだけでなく、他の世代でScottに興味がある方もいるという事は嬉しいですよね。
lalamoon
2010/03/03 14:03
boostermaniaさん
こんにちは  URL覗かせていただきました。覗いて良かった・・というか悲しい結末というか・・
スーパーボウルのハーフタイムショーにTHE WHOが・・を見つけ、オー懐かしーっと思ったらもう見られなくなっていました〜。ピートタウンゼントの個性的なお顔とロジャーダルトリーの皮のウエアときれいなソバージュヘア(?)が好きでした(曲は聴いてないんかい?!)ロジャーはいちど映画にも役者として出演したことがありましたね。たしかオカルト映画で大事な秘密の鍵になることを言おうとしたとき喉にチキンの小骨を詰まらせて苦しがってシスターにナイフで喉を切り裂かれる役。ごめんなさいね、つまんないことばかり覚えていて(笑)でも彼の迫真の演技は今でも思い出せますよ。テレビで「ワー、ロジャーダルトリーが出てるー」と、そこまで見て切り替えてしまったのでタイトルも知りません。小柄だけどパワフルなボーカルでしたね。顔もよかったし(やっぱ見た目か!)
Scottの世界を若い方がどう評価してくれるのか、とても楽しみですね。これからもよろしくお願いします
walker-inthesun
2010/03/03 17:52
ここのところ忙しくて(っておバカな書き込みしてるじゃないの)ゆっくりCDを聴く暇もない。とりあえず、届いたeverything under the sunからdisc4,5をウォークマンにいれて仕事しながら聴き始めたのですが、こ、これがすばらしいのなんのって!実を言うとno regretsはレコードで持っていたのですが、あまり真面目に聞かなかったので、改めて感動!
disc5のThe BalladがDR'JHON WALKERとなっているのですけど、これはおふざけですかね?
GARYも面白いナンバーを入れているのですね。声も変わったので、はじめ誰だかわからなかった。昔、SCOTTが「ステージでひどく下手な歌声が聞こえると思ったらGARYだった」と笑いながら言ってたことがあるけど、それでもグラビアにもあるように彼が歌うときにはバックでドラムをたたいてやったり、日本でカーナビーツと「恋の朝焼け」の吹き込みのときはプロデュースをかって出たりしてましたね。Scottはバックコーラスまでアイ高野らといっしょに入って「ワーワワ」ってやってたっけ(笑)そういえばGaryは単独来日のとき大橋巨泉に教わったんだか、「ア、ケッコウダネ」を連発しておどけていましたね。トッポイやっちゃなーと思ってました。DVDの「本物は誰だ?」みたいな番組に出ているのをみてやっぱりトッポイおっさん(ゴメンネ)
最後に気持いい曲〜と思ったらやっぱりJimmyWebbのThe Moon's A Harah Mistressでした。
walker-inthesun
2010/03/04 15:08
「Farmer In The City」のカバー曲を、またまた発見しました!私は初めて知ったアーティストなのですが、Charlie Barnes氏とMartin Tielli氏、それぞれのアレンジとパフォーマンスに感慨深い想いです。
http://www.youtube.com/watch?v=tSqTxEbc39s
http://www.youtube.com/watch?v=b6VI2UXGqxo&feature=related
Martin Tielli氏は2001年のアルバムでカバーしているようです。たぶん欧米では他にも多くのアーティストがカバーしているのでしょうね。。。
ン〜〜、あらためて楽曲の素晴らしさに感じ入ってしまいます!
そして当のScottは、どんな想いで聞くのでしょう?感想をきいてみたいなぁ〜。
jiejo
2010/03/06 22:01
Robert Plantさんはさすが世界的なロック・アーティストだっただけに老いてもその音楽センスに光るものを感じました。
遅まきながらLed Zeppelin時代の「天国への階段」を初めて試聴したのですが イギリスのフォークロア的哀愁に満ちた曲なんですね。ロバートさんが"Farmer in the City"を取り上げたのも納得です。 
jiejoさんご紹介のCharlie Barnesという若い人は先のDrifting & Tilting公演を見て感動を覚えたようですが 確かにあの舞台は胸にこみあげてくるものがありました。
日本ではバカにされたり無視され続けていた"Tilt"のヴォーカルと楽曲の素晴らしさが やっと皆さんの胸に届いたという嬉しい思いで一杯です。  
catwalker
2010/03/07 10:44
jiejo様 "Farmer in the City"のカバー聴きました。ご紹介ありがとうございました。
catwalker様 コメント興味深く読みました。そうなんですね。嬉しさ、同感!!【Drifting & Tilting公演】よほど素晴らしかったんですね。
boostermania様
URLに書いてあった”ブランケット・ロール・ブルース”とグレン・グールドの「ゴールトベルク変奏曲」”アリア”の件、ずっと気になっていて。それって、この前半部分ですよね。 http://www.youtube.com/watch?v=5LTY7MLuzC8&feature=related 
「ゴールトベルク変奏曲」”アリア”って、色んな人が演奏してますね。これも良かった。Bach - Goldberg Variations: Aria (Glenn Gould)ですが。
http://www.youtube.com/watch?v=Gv94m_S3QDo&feature=related
0109archangel
2010/03/07 15:36
boostermania様
ごめんなさい。 入力ミスです。
miracle-mule様へ向けて書いたコメントです。スミマセン
0109archangel
2010/03/07 15:42
catwalkerさんこんばんは。
このトピックの追加記事の部分をうっかり見落としていてリンクしていただいたこと、お誉めの言葉に与ったこと今日の今日まで気付きませんでした。ありがとうございます。正直ものすごくうれしいです。「音楽図書館」も是非お気軽にご利用ください。何でも出します。

0109archangelさん、メッセージありがとうございます。
グールドはゴールトベルク・ヴァリエイションズでデヴューしたのですが奇しくもその再演が遺作となりました。
僕がイメージしたのはゆったりとした再演の方。いただいたコメントの下の方です。上の若い頃のも好きですが。
彼はいつも体を旋回させて謎の歌を歌いながら、でなければ存在しないオーケストラを指揮しながら弾いています。彼のピアノ演奏は彼だけにしか聴こえない、彼だけにしか見えない大きな協奏曲の一部であるかのようです。彼に聴こえているそれをまるごと聴いてみたいという強い欲望が僕にはあります。表現のしかたはまったく違いますが"Farmer in the City"や"Blanket Roll Blues"などにも同じ想いを抱いています。実際に聴こえているよりもずっと巨大な曲なんじゃないか。今の自分はこれらの曲のほんの一部にしか触れていない。もっとセンサーの感度を上げなくちゃ。そんな感じです.
miracle-mule
URL
2010/03/08 00:15
jiejo様
私もCharlie Barnes氏とMartin Tielli氏の"Farmer in the City"のカバーを金曜日に見つけました。知らないアーティストだったので(ほとんどのアーティストを知らないと言った方が当たってますが…)、報告するのをためらっちゃいましたが、報告して頂いてうれしいです。有難うございました。
Charlie Barnes氏のピアノ伴奏での感じ、結構良いな〜と。
Martin Tielli氏のは、金曜日ちょうど回線が混んで良く聴けなかったけど、先程改めて聴いて、Scottが歌うのとはまたぜんぜん感じが違うけどギター伴奏で別の味のある歌い方ですね。
アレンジの仕方で、結構変わるものだな〜と。

ところで、
Duchessのカバー、見つけました。
Gutter Twins(このアーティストも始めて知ったのですが)で結構ノリノリでやっていて若者向けという感じでが…
http://www.youtube.com/watch?v=DQBmjlhP2rI&feature=related
色々なアーティストがScottのカバーをやってくれて、うれしい限りです。
OKOGE
2010/03/08 00:33
catwalker様
追加記事からロバート・ブラント&アリソン・クラウドの"GoneGoneGone"見ました。ゴキゲンですね。思わず体が動いてしまう。真ん中のギタリストはJ・ペイジじゃないですよね?
OKOGE様
おかげさまでScottTVShowsとUnreleasedTracksが到着しました!!長旅でケースがぶっ壊れてたけどまあいいや。でもUnreleasedのディスクがScottの目ん玉ぶちぬいて作ってあるのにはびっくり。怖すぎる〜
TVShowsはやっぱり買っておいてよかった〜(^。^)
彼が女性歌手とコラボするなど珍しくて繰り返し聴いてしまいました。IfYouGoAwayも生はいいですねー(ビールじゃないって)笑
彼の司会も上手。子供のころ、A・ウィリアムスショーやペリー・コモショーなど大好きでよく見てました。おかげで音声だけでも目に浮かぶようです。KIKIDeeとのデュエットはここらへんで見つめあってハモッて・・・など想像しながら聴いてます。
walker-inthesun
2010/03/08 12:34
miracle-mule様 グレン・ゴールドの考え方や生き方、Scottと酷似? miracle-mule様の文章を拝読していると、そう思え色々調べ、昨日、下記のサイトを発見。
※ゴールドベルグ変奏曲「アリア」MIDIファイル http://www.youtube.com/watch?v=Gv94m_S3QDo&feature=related
※ウィキペディアには、次のような言葉も。
「芸術の目的は、瞬間的なアドレナリンの解放ではなく、むしろ、驚嘆と静寂の精神状態を生涯かけて構築することにある」という言葉は特に有名である。
著書も沢山あるようですね。グレン・ゴールド、惹かれます。教えてくださってありがとうございます。近いうちに読みたいと思います。ちなみに、「音楽図書館」ではCDの貸し出しのみで、本はやっておられないんですよね。
0109archangel
2010/03/08 12:52
※ゴールドベルグ変奏曲「アリア」MIDIファイル
のサイトは下記でしたぁ スミマセン
http://nara.cool.ne.jp/minoru_kato/Gould.htm
0109archangel
2010/03/08 12:57
walker-inthesun様 ホント、TVShowsはお宝ものですよね。もちろん、5枚組もですが。とっても楽しんでらっしゃる様子が目に浮かび、こちらまで嬉しくなり、ついコメント書きこんじゃいました(*^_^*)
0109archangel
2010/03/08 13:19
0109archangel様
有難うございます。
それにしても凄い勉強家ですね〜。パソコンにまだオドオドしてる身には頭が下がるばかりです。いつも書き込みをして下さるサイトを見てはへーへーと追っかけ勉強をしています(’。’)
グレン・ゴールドのウィキべディアの言葉はまさにScottの音楽人生を物語っていると言えますね。芸術に限らずひとつの事に信念を持って追究している人はみなそうなのかもしれませんね。
walker-inthesun
2010/03/08 16:12
walker-inthesun様
TVshow、喜んで頂いて、お勧めした甲斐がありました。最初の司会の時は、途中言葉が詰まったりでScottの緊張が伝わってきたり、司会の回を重ねる内に堂々として頼もしいという感じで…。音質は余り良くありませんが、それをまるっきり感じさせずそれどころか臨場感を味わえます。生の歌はレコードやCDには無い良さが有るな〜とこのTVshowを聴いてしみじみ感じました。本当にお宝だと思います。
OKOGE
2010/03/08 22:32
0109archangel様
おっしゃるようにうちの貸し出しは残念ながらCDだけなんです。申し訳ありません。
CDのラインナップは下記のアドレスで確認できます。コンプリートというわけにはいきませんがそれなりに揃っていますのでよろしかったら使ってください。
一応招待制をとっていますがcatwalkerさんのブログに集まってらっしゃる方みんな喜んでご招待いたします。
http://mmule.exblog.jp/i30/
walker-inthesun様
ロバート・プラントビデオの真ん中のギタリストはアルバムのプロデューサーのTボーン・バーネットです。一見性格悪そうですが素晴らしいプrデューサー/ミュージシャンです。彼とスコットのコラボも夢に見る組み合わせです。
miracle-mule
2010/03/09 01:29
miracle-mule様
この方がTボーン・バーネットさんですか!いえいえ映像を見た限りでは性格悪そうどころか、おちゃめなギタリストという感じで。だからこれがあのJ・ペイジ??と思ったのです。教えていただいて有難うございました。そうですね。Scottとコラボしたらどんなスケールの物になるのでしょうか?!これまた未知との遭遇になりそう・・・(’。’)
catwalkerさんのブログからmiracleさんのURLまでScottを通じて遊び場(?笑)が広がって充実した毎日が送れてます。感謝!
walke-inthesun
2010/03/09 10:43
catwalke様 ジャーヴィス・コッカーの「We Love Life」、レディオヘッドのCreep (クリープ)、そして、アーキテック・モンキーズの歌詞、下記で和訳を見ることができました。大雑把な日本語になっていることは否めませんが、過去のブログで書いておられた「スコット・ウォーカー第3世代デビュー」「Scott Walkerに敬意を寄せるイギリスのトップ・ミュージシャン "Radiohead"」 の記事が、理解できるような感じがしました。
http://www.lovecms.com/music-r.html

miracle-mule様 URLでご紹介の、グレン・グールドの4枚組CD、良さそうですね。こちらは、ゴールトベルク変奏曲」どうしても欲しく、本日"Bach: Goldberg Variations 1981"を注文しました。51分版と71分版??の2タイプあり迷いましたが、繰り返しがあるという後者を選択。わざわざお知らせしなくてもと思ったのですが。新しい世界か広がったのが嬉しく。アリガトウゴザイマス。
0109archangel
2010/03/10 21:34
コメントを寄せてくださった皆さんからの有用な情報&感想など本当にありがとう! 
私も気になりながら 今は公私とも多忙のためなかなかじっくりと探訪できずにおります。 4月からは少し時間が出来るので 皆さんのレベルに何とか追いつきたいわ〜。
>miracle-muleさん 音楽図書館へのご案内状 ご親切にありがとうございます。 私自身は4月以降の利用になりますので その節は何卒よろしくお願いします。
catwalker
2010/03/11 13:51
先日のcatwalker様(湯浅氏×樋口氏)のお知らせ通り、第三回爆音音楽祭、上映作品第1弾発表が有り、「ポーラX」が出ました。「ポーラX」の説明のところで、スコット・ウォーカーのドキュメンタリー『30 世紀の男』の上映も予定と書いてあります。
http://www.bakuon-bb.net/2010/index.php
映画祭が楽しみです。
OKOGE
2010/03/11 23:45
0109archangelさま。
81年ものに71分版があるのですか?知りませんでした。
情報ありがとうございます。早速調べてみます。
catwalkerさん。
楽しみにお待ちしています。
ってプレッシャーかけたらまずいですね。
こちらこそ今後ともよろしくお願いします。
OKOGEさま。
”30世紀の男”大きな画面で大きな音で鑑賞できたら
楽しいでしょうね。どんな違いがあるものか
感想が楽しみです。
miracle-mule
URL
2010/03/12 01:49
miracle-mule様 グレン・グールドのぶん、71分ではなく、74分でした。確かに81年ものだったと…タシカニソウダト
■発売日2004/7/26■Sony Classical ■収録時間:74 分 ■Import, from US
この他に■発売日2007/03/21■収録時間:74分56秒■国内正規盤「グレン・グールドによるバッハ:ゴールドベルク変奏曲 の再創造〜Zenph Re-Performanceというのもありましたが、前者を選択。
それから、この場をお借りする形で申し訳ありませんが、ScottのCDに対する確認へのご返事を。1〜5のピックアップ版ということ承知しております。この1枚を除き全てのCDは持っていますが、Scottの曲ってCDの構成によって、その度に新しい感覚で聴けるものですからお願いした次第です(苦笑)ご親切に確認して頂きありがとうございます。ゆっくりお待ちいたしますので、よろしくお願い致します。

OKOGE様 東京近郊にお住まいの方が羨ましい!!!
0109archangel
2010/03/12 09:01
catwalker樣 OKOGE樣
はじめて、お便りします。高校時代scottを聴いて昨年
から再びscottを聴くようになりました。このブログからの、ファンの熱心な思いには、頭が下がる思いです。先日2月5日のOKOGE樣のコメントで60トラックの
DVDを購入しました。3月8日にTV.SeriesのCDを購入すため、サイトを開いたら、アカント停止になっていて購入できませんでした。新たな購入先をおしえてください。本当にこのCDの曲ききたいです。OKOGE様がたよりです。よろしくお願いいたします。
hiro 2010/03/12 19:53


hiro
2010/03/12 19:55
hiro様
頼って頂いてありがとうございます。
以前ご紹介したサイト、やはりアカント停止状態ですね。困りました。他で販売しているサイトを探しましたが見当たりません。
ただ、お力になれるか分かりませんが、
お求めの商品について、
http://www.k5.dion.ne.jp/~ohkura/BTCD/w.html
の上から4ブロック目に載っています。
ちなみに5ブロック目は、hiro様が購入した60トラックDVDの元の33トラック版で、
http://www.mo-no-tone.com/94_546.html
で販売している商品と思います。

左上のアドレス
ohkura@w8.dion.ne.jp
が、ただの商品照会なのか販売しているのか色々調べたのですが分かりません。
とりあえず、上記のアドレス宛に問合せをしているので、もうしばらくお待ち下さい。
OKOGE
2010/03/13 02:29
hiro様
生TVshowの曲とお求めのCDに含まれているUnreleasedの曲が、youtubeのguidofskiさんのサイト、
http://www.youtube.com/profile?user=guidofski#g/u
で何曲か聴けます。
2ヶ月前くらいからuploadされています。
生TVshowの曲は、
The Look Of Love
Alone
Why Did I Choose You
Funeral Tango
It's Raining Today

Unreleasedの曲は、
I Think I'm Getting Over You
Free Again
です。
慰めにはならないかもしれませんが、是非、聴いて見てください。
OKOGE
2010/03/13 02:58
報告しようか迷いましたが、
youtubeでClaraがuploadされています。
Claraのphotoと当時の処刑風景等のphoto…。
Claraが初々しい頃、幸せな頃、そして悲劇…。
大きなショックを受けるかもしれないので、お勧めでは有りませんが…。
http://www.youtube.com/watch?v=520_Sg6NeJQ&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=4SnldupQAKI&feature=related
OKOGE
2010/03/13 03:35
OKOGE樣
さっそくにサイトを調べていただき、ありがとう、ございました。大切な時間を使わせてしまい申し訳ありません。7曲聴きました。感動しました。AloneとFreeAgainは最高です。願いは商品照会のサイトで購入できることを、祈るばかりです。本当にありがとう、ございました。感謝。良い知らせでありますように。
hiro
2010/03/13 19:34
hiro様
私はついこの間OKOGEさんに手とり足とりして教えていただいてTVショウ、unreleasedを手に入れたばかりです。ほんのわずかなタイミングが明暗を分けたようでお気の毒です。そのうちアマゾンかどこかで出品されることをお祈りしてます。なぜならアイドル時代のScottを思い続けて最近の彼に巡り合った人はそれまでの彼の軌跡を知る上でとても貴重なシリーズだと思うからです。
一言でいうととてもオーソドックスな大人の格調高いミュージックショウですね。当時のイギリスの保守的な層に人気があったのではないでしょうか。考えてみればまだ20代の青年がよくこんなスタンダードなナンバーを歌いこなしたものだと感心してしまいます。
若いだけに声量もたっぷりでなんでも歌いこなしてしまう。トム・ジョーンズのように汗臭いのではなく、爽やかで。
以前miracule-muleさんがWB解散後、なぜインストルメンタルな音楽に行ったのだろう?という疑問がおありだったようですが、Scott自身のヨーロッパ文化への思いもあったことと、もうひとつは恩人でもあり最大の理解者でもあるジョニーフランツの存在も大きかったのではと思います。ピアノの名手で名プロデューサーの彼はScottの才能を最大限引き出してくれたけど、時代はもう古臭く見えたかもしれません。Scott自身それは痛感したことでしょう。その後J.フランツとは袂を分かつことに。
TVシリーズを聴きこんでいくうちにこんなことを考えてしまいました。OKOGEさんもNie Flightsを聴いてこんな音楽を作りたかったんだなあと思ったらScottがかわいそうに思ったといってましたね。同感です。
「僕はロックだよ」と彼は言います。ロック・・・転がり続けて屈強な岩になったのですね。
walker-inthesun
2010/03/13 22:38
hiro様のお陰でとんでもない物を発見してしまいました。TVshowを色々検索してたら、なんと1964年〜1995年までのScottの日程が載っているPDFを見つけました。300倍〜400倍にして見て下さい。
ツアー関連日程はオレンジ色で囲ってあります。
勿論JAPANツアー日程も載っています!
http://www.anthonyreynolds.net/writing_walker_brothers/Scott_Walker-Timeline_2008-06-25.pdf
OKOGE
2010/03/14 03:52
hiro様
ScottのTVショウについてなんだかマイナーなイメージを与えてしまったような気がして追加します。出来は素晴らしいの一言です。Scottのことですから、生半可のショウではありません。だからIf You Go Away,Joanna,みなオリジナル版よりずっといいです。感情をこめて1曲1曲大事に歌っています。最高に贅沢なシリーズですよ。できればもっとゲストとのトークが入っていればもっと楽しいのにと思いました。
話は変わりますが、NightFlightsのTokyoRimshotについてScottはなにかイワクをこめてたのでしょうか。
今のところ、Shutout,Rhythms Of Visionにはまっています。Jhonのギターと歌が最高です。
亡きマイケル・ジャクソンが若いギタリストの女の子(名前忘れた!)に「もっともっと君の出せる音を極限まで出すんだ」と言っていた話を思い出しました。
ScottもJhonを最高地点まで引き上げたのでしょうか・・
walker-inthesun
2010/03/14 13:53
>アイドル時代のScottを思い続けて最近の彼に巡り合った人はそれまでの彼の軌跡を知る上でとても貴重なシリーズだと思うから
のご意見に、同感!!!!
TVショウのCDも、33トラック、50トラック、60トラックの各DVDも!!!
そして、こうして、喜びを共有できるこのブログの存在に感謝。
catwalker様 ご多忙なご様子。くれぐれもご自愛くださいね。
0109archangel
2010/03/14 16:41
OKOGE様
Scottの日程表よくぞお見つけになられましたのー!!
初めてみる超レアなチケットやフォトなどこれはお宝発掘ですぞよ!(>o<)v
walker-inthesun
2010/03/14 18:15
walker-inthesun様
お分かりだと思いますが、前出の日程表はPDFファイルなので、自分のフォルダにdownloadでそっくり保存出来ますから、保存してくださいね!
OKOGE
2010/03/14 21:52
walker-inthesun様
マイナーなイメージと、思っていないので、ご安心ください。scottと言うsingerを通じて、そして歌う曲を、通じて、私は、勇気が与えられ、そして、癒されるのです。バリトンの音域は、人の心を、落ち着かせ
安心させる、作用が、あると思うのです。このは音域を,低音、中音,高音そして、ロングトーン、と歌い分けている、scottは、やはり、すごい、singerだと思います。


t
ha



hiro
2010/03/14 22:03
OKOGE様
ツアーの日程すごいものを、見つけましたね。驚きました。いつもながら、OKOGE様の熱意なは、頭が下がります。ホントに、お宝ですね。ありがとう。
hiro
2010/03/14 22:18
walker-inthesun様
はじめまして。
「TokyoRimshotについてScottはなにかイワクをこめてたのでしょうか。」
実は私もとても気になっていたことで、先日来、皆様に、是非お尋ねしたいと思っていました!
rimshotというのは、ドラムのテクニックのことですよね?
「Tokyo」Rimshotとは...?
インストルメンタルであることも、非常に珍しいですよね?
どなたか、何か、ご存じのことがありましたら、どうぞ教えてくださいませ。

catwalker様
このブログに巡り会えましたこと、とても嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも拝見させて頂きますので、どうぞよろしくお願いします。

lyra
2010/03/14 23:30
hiro様
残念ながら、例の商品照会のサイトからまだ返事が来ません。お力になれなくて済みませんm(__)m。
実は私もin 5 Easy Piecesを注文したものの、なかなか入荷せず手元に届いてません。注文する少し前までは、特にすぐに欲しいとは思っていなかったのに、お恥ずかしながら、なかなか手に入らないと分かると無性に欲しくてなりません。
生TVshowのCDを販売していたUKサイト、きっとまたポッと出てくるような気がします。お互い、待ちましょう!!
OKOGE
2010/03/14 23:53
OKOGE様
報告と、励ましのメッセージ、ありがとうございます。私もOKOGE様と同じように、いつか出てくるようなきがします。待ってみます。いつかこのCDにめぐり会えるような、気がします。感謝。
hiro
2010/03/15 01:01
hiro様
例の商品照会サイトから回答が来たので、一応ご報告しますね。
 *********
こんにちは!
申し訳ありませんが、この取引先が、少し前に廃業してしまいました。
ご了承下さい。
よろしく! 大倉
 ******
やはり残念な内容ですが、ちゃんと回答を貰えただけ、はっきりして良かったです。
ちなみにこの商品照会サイトで取り扱っていた生TVshowのCDセットは、UKサイトと同じ構成ではなく以前にご照会した日本のサイト
http://www.junk-headz.com/WALKER-brothers-page.htm
と同じ構成のCDセットです。おそらく取引先が上記の商品照会サイトと同じなのか、あいにくこちらの日本のサイトもやはり現在生TVshowのCDセットは扱っておりません。
いずれにしろ、良いご報告が出来ず、申し訳有りませんでしたm(__)m。
後は、やはり、UKサイトの復活を待ちましょう!

ところで、前出の日本のサイトの上位ページを見たら、ロック好きには結構楽しめそうなサイトなのでご紹介しておきますね。
http://www.junk-headz.com/index3.htm
OKOGE
2010/03/15 08:30
またまた、うれしいサイトを発見しました。
前出のScottの日程表の上位ページを見たら、なんと
The Impossible Dream: The Story of Scott Walker and the Walker Brothers
の著者Anthony Reynoldsのサイトだった事が分かり、
http://www.anthonyreynolds.net/
画面真ん中「Enter」クリックで入り込むと次画面、
ちなみに画面下辺の「Writing」クリックで次画面、
「The Walker Brothers Story」クリックで、
Walker Brothersに関する画面、英語が分からないので歯がゆいですが、上部にクリックして色々楽しめるブロックがあります。まだ良く見ていないので詳しくは分かりませんが、例のScottの日程「TimeLine… 」もここから入れます。

色々楽しめそうです。
OKOGE
2010/03/15 09:40
前出の
http://www.anthonyreynolds.net/
英語が分からないだけに、期待したほどでは有りませんでしたm(__)m。
だけど、例のScottの日程「TimeLine… 」については、よく見て見ると、スケジュールではなくて、
正に足跡で、1965年〜1970年は、日付も細かく記されていて、彼らの息づかいが聞こえてきそうです。
ちなみに、"Top Of The Pops" TV は、こちらの"ベストテン"のような番組でしょうか。
1970年のJAPANツアー期間の3/25〜3/28はあえて「?」になっていますが、お忍びで何処かに行ったのでしょうか。
WalkerBrothersの解散・再結成・解散は、ピンクで囲まれていますね。
記録された方に頭が下がります。
OKOGE
2010/03/15 10:35
OKOGE殿
まいど適切なアドバイス恐れ入りまする。さっそくファイルいたしました。それにしても いやあすっげーお宝ですよー!いったいだれがこんな貴重なモノを・・むむっここにScottのサインがあるではないか。
”TO Ka...."うーむ解読不能・・でもすごいコレクター&ファンに違いありませんね。ABCシネマの舞台でシャウトするScottの若さいっぱいのフォトも初めてでうれしいですぅ(^^)

hiro様
Scottの歌で勇気がでて癒される・・よーくわかります。実は私も長く更年期障害に悩まされ、うつ状態に陥っていたのです。そんなある日娘にYouTubeの中からScottを見つけてもらい、夢中になって次々開いていくうちに、I Threw It All Awayを聴くや涙が滝のようにあふれ、そして恥ずかしいけれどScottに「ダイジョウブダヨ」とだきしめられて励まされた気がしたのです。(やさしいバリトンです)
それからこのサイトを見つけ、思い切って仲間入りをしていくうちにどんどん元気になってきました。主治医にこれを打ち明けたら「あなたは生き方上手!」とほめられました。
いまでも親の介護やらで落ち込むこともあるけれど、Scottの歌声でしばし別世界へ飛んでいき、「よしっ!」と前へ進むことができます。ほんとScott大明神みたい(爆笑)
最後にこのような元気を下さるcatwalker様皆様にあらためて感謝するとともにこれからもよろしくお願いいたします。
walker-inthesun
2010/03/15 11:57
みなさまのおかげで情報がたくさん。あちこち飛び回り、うれしい悲鳴をあげています。
みなさん、すごいです!!ほんと、歳をとってるひまがありませんね。

5 Easy Piecesは私は届くのに10日以上かかり、Germanyから送られてきました。チャンスがありますように!

ところで、Scottの日程「TimeLine」のJAPANツアー。もうみなさんご存知で私の出る幕ではないと思いますが、抜けているところだけお知らせします。(これ以外は書いてある通りです。)
3月20日 渋谷公会堂
3月22日 横浜市民ホール(×2)
3月23日 仙台東北電力ホール
3月26日 京都会館第一ホール
3月27日 大阪厚生年金ホール
以上です。
これからも、よろしく。
anne
2010/03/15 12:12
昨夜、アマゾンでIn Five Easy Pieces 2万円ちょっとというのを見つけて、すぐに申し込みました。その後もう一度そこを見たらもう「入荷待ち」になってたので、やったー、と思ってたら、なんと先程キャンセルのメールが‥‥。こんなことと知ってたら、DVD発売の前に買っておいたのに‥‥。
pp
2010/03/15 18:40
walker-inthesun様
元気出て、良かったです。

anne様
日程表の補足有難うございます。

pp様
お気持ち分かります。

皆さん、これからも宜しくです。
OKOGE
2010/03/16 01:34
walker-inthesun様
前へ進む事ができるようになったとのこと、よかったですね。
「I Threw It All Away」を聴いて、滝のような涙が・・・。それは、Scottへの想いのベースがしっかりあった事と、Scottの声があなたを解き放ってくれたんだと思います。
そして、あなたに力があったっていうことかな?

きっと大丈夫!!
Scottもついてるし、catwalkerさんはじめ、みんながいます。無理しないでね。





anne
2010/03/16 13:19
anne様の意見に大大同感です!! ここに集まる皆さん、ほんと優しい方ばかり。いいですねぇ。
lyra様
初めまして。どうぞよろしくお願い致します。
ところで、
>rimshotというのは、ドラムのテクニックのことですよね?
とは、なにやら、色々とお詳しいご様子。色々とご意見聴かせてくださいませませデス(笑)。
0109archangel
2010/03/16 15:53
OKOGE様anne様0109archangel様
皆様有難うございます。優しい言葉にまた滝のような涙が出そう・・・(;。;)
よーし元気が出たぞう。とりあえずI Need youでも聞きながら夕飯でも作るか!(笑)
walker-inthesun
2010/03/16 18:22
walker-inthesun様 お互いガンバ ですね。

pp様  In Five Easy Pieces 、残念でしたね。私はUKアマゾンで購入しましたが、日本以外のアマゾンで見つけてみたらどうでしょう。ご存じとは思いますが、手続きは、日本のアマゾンとほとんど同じですから。それにしても2万円とはすごい値段ですね。それを申し込むpp様の熱意にも頭下がりますぅ。
0109archangel
2010/03/16 20:00
0109archangel様
お返事くださいまして、とても嬉しいです。
でも、実は知ったかぶりを言ってしまったようで、お恥ずかしい。自己紹介が遅れましたが、私は今年になって40年振りに、Scottに「再会」することが出来た者です。このブログにも巡り会えて、皆様の情報のおかげで、30 Century ManのDVDを入手、もう懐かしさで胸がいっぱいになりました。と同時に驚きも!あまりに空白の時間が長かったものですから。でも、嬉しい驚きでした。その後、Climate of Hunter、5枚組のCD、Everything Under the Sunを入手して、毎日のように聞いていたのですが、とても気になったのが、Tokyo Rimshotだったのです。だって、Tokyoですもの(笑)
辞書でひいても、rimshotは載っておらず、行きついたのが、Wikipediaその他の情報で、「rimshotとはドラムの技法の一つで、ドラムを叩く場合、ヘッド(膜)を叩くだけでなく、ヘッドの周りのフープ(rim)を叩く技法がある」ということが、やっと分かったような状態なのです。この曲はドラムがとても効いていますが、このshotがrimshotなのでしょうか? とても聞き分けられるような耳を持っていませんので、何とも歯がゆのですけど。
とはいえ、私はなんといっても、40年前も今も、Scottの声が大好きです。ですから、Scottの歌声のないこの曲の話題を持ち出すのも気がひけたのですが、同じように気に留めていらっしゃるコメントに力を得て、思わず声を挙げてしまいました。
こんな私ですけれど、これからも、どうぞよろしくお願いします。
lyra
2010/03/16 21:47
0109archangelさま
たしかIn Five Easy Pieces はもともと1万円台の値段で、私は買うのをためらっていたんですが、今アマゾンで7万円台の値段がついてるんですよ!もうしばらく待って、ほとぼりが冷めたら、以前の値段にもどるでしょうか。UKアマゾン、探してみます。
pp
2010/03/16 22:20
pp樣
InFiveEasyPiecesのCDscottwalker90年代以降の全作品 リストマニアの中に18000円代で出品されていましたよ。探しているCD見つかるといいですね。私は、scott復活組のファンです。よろしくおねがいします。

hiro
2010/03/16 23:42
ルーファス・ウェインライトの新譜がもうじき発売になりますね。
皆さんジャケット写真をごらんになりましたか。
僕はボーっとしていて気付かなかったのですが大のルーファス・ファンの若い友人が「これって”スコット3”ですよね」とメールをくれました。
大きな目のアップは言われてみればそう見えます。
虹彩にルーファスが映っているかどうかまでは未確認ですが。
友人は早速何枚かスコットのCDを注文したそうです。こうしてまた輪が広がっていくのですね。
miracle-mule
URL
2010/03/17 00:54
miracle-mule様  ルーファス・ウェインライトって、初めて知った名でしたが、早速調べると、日本のアマゾンにありました。このジャケット、「Scott 3」を知っている人だと、そう感じますね。皆様、早速、下記で写真をチェック。 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0039BEEX6/hatena-b-22/ref=nosim

lyra様  私も同じ経緯でこのブログを楽しませてもらっています。Tokyo Rimshotに対する疑問、れまた私も同様です。どなたかに解決をお願いしたいですね。
ちなみに、Tokyo Rimshotは、Everything Under the Sunに挿入されていますが、NightFlightsのCDには挿入されていない。この構成も???を増加させますね。

pp様 私もscott復活組のファンです。よろしくお願いします〈ハグ&握手〉
InFiveEasyPiecesのCD、私は2009年7月頃にUKで、送料込み5千円ちょっとで購入。さっき、世界のアマゾンに入ってみると、カナダとドイツに5千円ほどで買えそう。在庫あれば、チャンスかも。ちなみに、日本円換算は下記でしました。グーグルですが。http://search.web-sun.com/zatu/convert/#monetary
0109archangel
2010/03/17 07:22
例の「TimeLine」について、
1970年のScottのJAPANツアーの日程については、anne様が補足してくれましたが、

1967年の宣伝とテレビの出演のための来日

1968年のWalkersのJAPANツアーの日程については、問題ないでしょうか?訂正・補足する事が有りましたら、どなたか教えてくださいm(__)m。
downloadしたファイルでは以下のようになっています。
1967-02-05 to 09 Promotional & TV Appearances in Japan

Walker Brothers reunite for 10 dates in Japan
1968-01-02 Osaka, Festival Hall (recorded)
1968-01-03 Tokyo, Nippon Budokan (x2, 1st show televised)
1968-01-04 Osaka, Festival Hall (recorded)
1968-01-06 Fukuoka
1968-01-07 Nagoya
1968-01-09 Shizuoka, Sunpu Kaikan
OKOGE
2010/03/18 16:07
OKOGE様 凄い タイムスリップ シチャイマスゥ〜〜
0109archangel
2010/03/18 21:45
0109archangel様
そういえば、InFiveEasyPiecesのCD、紹介頂いたようにカナダアマゾンで注文しました。有難うございます。最初日本のサイトで注文しましたが、やはりなかなか入荷せずキャンセル可と言われたのでキャンセルし、同時期に注文した米サイトもやはり入荷が遅れていてどうなるか分からない状態…。カナダアマゾンに賭けました。うまく行くといいな〜。
OKOGE
2010/03/18 23:48
OKOGE様PP様
どうかCDが手に入りますように、お祈りしてます。
Lyra様
TokyoRimshotいまだに謎です。でもScottがこういうファンキーな曲も作曲するのだということが解っただけでもこの5枚組を買った甲斐があったということではないでしょうか?

目下everything under the sunのdisc4が気にいってます。
Jhonの歌がいい!以前からうまい人だけどちょっと物足りないイメージがありました。
ところがここにきてあのハスキーボイスがぐっと男っぽくなってビーバップな歌い方がすてきです。これはScottには出来ない魅力。
そしてなによりもLovers,Marieなど、バラードをこんなに演じられるとは知りませんでした。胸にしみるような・・思わず聴き入ってしまいました。
最後のHaveYouSeenMyBabyを歌い終わった後の「ひい〜は〜・・・」の死にそうな声には大爆笑!
他にもHe'llBlreakYourHeartは録音が始まってもおしゃべりをやめないGaryに「しーっしーっ」と止めるScottの声がそのまま入っていて、和気あいあいとしたレコーディング風景が目に浮かぶようです。
すべてScottのプロデュースだと思いますが、カバー曲のアレンジも最高です。湯浅さんがおっしゃっていた、幅広いサウンドヴィジョン・・このアルバムにしっかりとアピールされてますね。昔の仲間と自由に音作りできて楽しそうな1枚です。
walker-inthesun
2010/03/19 17:33
walker-inthesun様
思わず、He'llBlreakYourHeartを聞きなおしました。誰が何を言ってるのかしら?と思っていましたが、そんな会話だったのですね。「しーっしーっGary、しーっ」と言ってる(ような気がする)のがScottなのですね。本当に楽しそう!
YouTubeで、Johnと顔を見合わせてにっこりしながら、No Regretsを歌っているScottを初めて見たときは、本当にびっくりしてしまいましたが、どういう経過で再結成をしたにせよ、3人がまた仲良く揃って演奏している姿を見ることができたのは嬉しかったですし、こんな風にレコーディングしていたのだと思うと、一層楽しくなりますね。

ところで、InFiveEasyPiecesは、日本のアマゾンに登録して待っていても、らちが明かないのでしょうか...
0109archangel様が教えてくださったカナダアマゾンに行ってみましたが、挫折。また挑戦してみます!
lyra
2010/03/19 19:32
lyra様
ScottとJhonのそしてGaryも、再び仲良く活動していたあの頃の映像を見て心から幸せな気持ちになったのは復活ファン皆さん同じだと思いますよ。なんだかママの心境みたい?(笑)
それにしてもScottの人気はうなぎのぼりですねー!2万だの7万だの・・・それでも売り切れ続出だなんて。
「おーすげえな。今が売り時だな」とほざいた亭主にカウンターパンチをあびせました。なんてことを言うのだ、まったく・・・
walker-inthesun
2010/03/19 21:22
InFiveEasyPiecesですが、カナダアマゾンを見てみましたがそのときにあったのはやはり数万円したのでやめました。その後日本のアマゾンで2万円弱のを見つけて注文しました。USAから来るみたいです。で、それからUKアマゾンで1万円しないのを見つけたけど、もう手遅れということであきらめました。ちゃんと来るのか心配です。今月いっぱい待ってみようと思います。
pp
2010/03/19 22:42
こんなに日本のファンが盛り上がっているのに、
映画 『スコット・ウォーカー 30世紀の男 』のあとのScottは、今、どうしているのでしょうね?

OKOGE様
1968年のWalkersのJAPANツアーの日程は「TimeLine」の通りでいいのではないでしょうか。
私は大学受験のため行けませんでしたので(ふふふ、お歳がばれてしまいますね)パンフレットでしか確かめられませんが。
因みに公演会場は、
福岡が福岡九電記念体育館。名古屋が名古屋市公会堂。となっていました。

anne
2010/03/19 22:56
anne様
TimeLineの情報有難うございます。
助かります。
ところで、
福岡九電記念体育館は、
福岡九州電力記念体育館の方が良いですか?
また、1970年のJapanツアーで
1970-03-24 Nagoya
は、名古屋市公会堂でしょうか?

宜しくお願いします。
OKOGE
2010/03/20 00:14
OKOGE様いつも素晴らしい情報を本当にありがとうございます。生TVShowのCDは私もぜひ聞いてみたいです特にAloneを…ところで1970 03 24 ですが大手町サンケイホールではなかったかと…ラストのIf You Go Awayが忘れられません。カセットレコーダーを持ち込んでこっそり自分だけのライブを楽しんだのですが今いずこです命の次に大切な物だったはずなのに、でも何処かにあるはずと、只今捜索中です。よけいなコメントごめんなさい。Scottのこととなるとつい熱くなってしまいます。すみません。
EMY
2010/03/20 20:29
catwalker様いつもScott情報をありがとうございます!私も復活ファンの方ですのでいろいろ参考になります。
EMY様の書き込みをみてコンサートの帰りScottファンの方のカセットに録音したものを聞きながら駅まで帰った事を思い出しました。もしや・・・!と思いコメントしてみました。でもそれは新宿でしたので思い違いかもしれませんが。ん十年経っていろいろ思い出す事が多いですが今聞き返してみるとやっぱりいいな!iPodに取り込み通勤のストレス解消しています。

JUN
2010/03/20 21:27
JUN様はじめまして!私の他にも録音してた人がいたのですね。私も通勤の時ウォークマンで聞いています。本当に癒され、励まされですよね。今後ともよろしくお願いします。
EMY
2010/03/21 00:33
OKOGE様
お出かけしていて遅くなりました。
*パンフレットでは「福岡九電記念体育館」と記載されています。
*1970-03-24 Nagoyaは名古屋市公会堂です。
EMY様
大手町サンケイホールは1970-03-21だと思います。確かめてみてくださいね。
私も、もうその時の日程の記憶はないのですが、パンフレットと手元に名古屋のチケットがあるので、1970-03-24 Nagoyaで。いいと思います。

OKOGE様
何か作っていらっしゃる?私の知ってる限りで公演の曲名を書いておきます。
@Amsterdam
AMake It Easy On Yourself
BI Don't Want To Hear It Anymore
CJackie
DMain Street Mission
EJoanna
FLights Of Cincinnati
GBlack Sheep Boy
HScottが好きな曲としてブレルの曲。公演の前半はMathilde。3/17初めて、ギターを替えてIf You Go Away。
2日目からDMain Street Missionは3曲目に入りました。
JUN様、EMY様これでいいですか?
(私は事情があって、仙台公演が最後の公演になってしまい、あとはチケットのみ。3月24日以降の曲名はご存知の方教えてくださいね。)

私は「Scott4」を3月6日に手にしたらしく「今までで最高の出来!」と。
なお、このツァーのScottの来日は、3月4日JAL442便16時35分着。(というMemoがみつかりました。)
anne
2010/03/21 14:21
anne様
もも、もしかして貴女はScottの来日中のすべてのチケットをお求めになっていたのでは?
あまりにコーフンしすぎてほとんどコンサートの内容を覚えていないわが身にはこのような資料は有難い限りです。
私は渋谷公会堂に行ったのだと思います。確か始めのうちはセンターマイクで立って歌っていて(ブルーのスカーフがなぜか印象に残ってます。センスがいいな、と)後半シンシナティーあたりで向かって左寄りのスツールに浅く腰かけてアコースティックギターを弾きながら黒羊の少年まで歌ったような・・・もう記憶に紗がかかったような状態です(苦笑)
それにしてもanneさんがおっしゃるように今Scottはどうしているのでしょうね。先日姉に
「こんなに人気が再燃しているのなら来日すればいいのにね」
と、すらっと言われ、ひいいっと失神しそうになりました。それは開けてはいけないパンドラの箱・・・
そうね、歌わなくてもいいから、新しいアルバムのプロモーションでもいいから来日してくれたらうれしいな・・・でもいい!来ないで!遠くの人でいいの!
わ−ん姉ちゃんの一言で頭が大混乱じゃないかー!!(>。<)
walker-inthesun
2010/03/21 15:41
anne様 正確な記録をありがとうございます。私が行ったのは21日だったのですね、walker‐inthesun様のおっしゃるように私の記憶には確かに紗がかかっておりました。今40年タイムスリップしています今日だったんだ…。これからもいろいろ教えて下さいね。よろしくお願いします。
EMY
2010/03/21 22:04
anne様
情報有難うございます。
事が達成できたら報告しようと思っていたのですが、余分な心配をお掛けしちゃいそうなので…。
実は、例の「TimeLine」、提供元AnthonyReynoldsさんのホームページwebmasterにJapanツアーのところ、更新をお願いしようと思いまして…。やって貰えるか分からないし、その前に英語でお願い文を作るのが一苦労だと思うので、期待しないで下さいね。
でも、公演の曲名まで教えてもらえるとは、思いませんでした。有難うございます。こちらは、個人的に記録させて貰いますが、頂いたJAPANツアーの色々な情報を整理して、皆さんに提供出来たらいいですね。
有難うございます。
OKOGE
2010/03/22 01:11
hiro様、そしてEMY様、
生TVshowのCD、walker-inthesun様、0109archangel様も絶賛しているように、どうにかと思いまして…。
実は幾らか情報が見つかったのですが、期待持たせてまたガッカリさせては申し訳ないので、ハッキリしてからと思いましたが…、やはり中間報告しておきます。
明らかにCDケース用の曲名リストpdfファイルが「TimeLine」と同時期に見つかりました。
http://www.bigomagazine.com/cdcvrsB/images180/SWtvshow/SWtvshow.pdf
(これ自体については、TVshowのTimeLineになるので、とっておかれる方は、保存をどうぞ。ただ日程順がDisk3後半とDisk4が最初です。)
このリストが有るからには、CD自体の情報が何処かに有るのではとトップページから色々探したのですが、商品自体が皆さんもお気付きだと思いますが、正規の流通製品ではないせいか、なかなか簡単に見つからず、最近やっと関連のページを見つけました。
http://www.bigozine2.com/cdcvrs/artwork3.html
このページの「S」のところを見ると、上記TVshowのPDFファイルへのlinkの下行に例の33トラックDVDカバーへのlink
Scott Walker & The Walker Brothers - Love Chronicle DVD
も載っています。
今、このサイトに商品を購入したいが扱っているかどうかと、問合せしています。2・3日前にしたのですが、まだ返事が来ません。また、ガッカリさせては申し訳ないので、期待しないでいて下さい。
OKOGE
2010/03/22 02:12
walker-inthesun様
そうなのです。全部をみようとしてたの。
かっこつけて言うと「自分の中でのScottの存在位置を確かめたかった」のです。
必死にアルバイトしてお金を貯めました。
お姉様もさらっと言ってくれますねぇ。もう「ドキ〜〜ッ!!」でした。
会いたい。けど・・・複雑ですよね。
あなたはホントにかわいらしい!
もし、会える状況になったら頭で考えてる間もなく、足がScottの方に動いちゃうのかなぁ?

EMY様
そっか、昨日が40年前のあの日だったのですね。
また、みんなと一緒に追いかけましょう。
私も今、ここにお仲間入りして、再び追いかけ始めたところです。

OKOGE様
Japanツアーを更新してもらえたら、うれしいです。
頑張って!!
anne
2010/03/22 14:54
OKOGE樣 
中間報告ありがとうございました。ScottTVshows,ありましたね。このサイトから購入できると、いいな〜。
いつも親切な情報ありがとうございます。I threw it all awayを、聴いた後のよぬな気持ちです。感謝。
hiro
2010/03/22 23:11
スコットの日本公演に関しては当方のblogで記事にしていますので ご覧になってくださいね。

またイギリスのTV SHOWや日本公演の音源などはすでに日本国内で入手済みの方も多いかと思います。
お急ぎでない方には 後日お聞かせいたしましょうか? 新連絡先は最上部にある「プロフ」欄へ。

それとこれも以前の記事で紹介済みですが 英語のファン・サイト yahoo!groupに登録すると新情報や新音源などが入手できます。
catwalker
2010/03/23 02:34
catwalker様
情報、いつも有難うございます。
ところで、英語のファン・サイト yahoo!groupとは、
http://uk.groups.yahoo.com/で「Scott Walker」で検索(で良いですか?)すると、
Scottに関するサイトが幾つかありますが、
どこがお勧めですか?
宜しくお願いします。
OKOGE
2010/03/24 01:35
catwalker樣

いつも新しい情報ありがとうございます。急ぎではありませんので後日聴かせてほしいです。新連絡先は最上部にある「ブログ」欄とありましたが右側のトップブログの所のcatwalker樣の連絡先でよろしいのですか?インターネット初心者なためよく解りません。またどのような事柄を連絡したらよいのでしょうか?いろいろおしえてください。よろしくお願いいたします。







hiro
2010/03/24 15:05
>OKOGEさん
一番最初に出てると思うのですが、スコットがギターを持った写真のところです。設立して11年目の老舗サイト。 IDやパスワードなど登録後自動的にメンバーになります。
"Files"にはスタジオ版"Alone" David Bowieの50歳の誕生日に寄せたScottのメッセージ音源 BarbicanでサインをするScottの映像 最近upされたのは キキ・ディーとのデュエット"Passing Stranger" 
それからご紹介いただいたWB&ScottのTimeLineもここにあるんですよ。 最近は話題が少なめの様子。

>hiroさん トップの右にあるプロフィール=「プロフ」にあるのがメールアドレスになります。
何かありましたらご連絡くださいませ。 
catwalker
2010/03/24 23:53
catwalker様 OKOGE様
し、質問です!英語のファンサイトとはどしたら開けられるのでしょうか?またまたお手数ですが、噛んで含めるようにおしえてください。キキ・ディーとの”passing stranger"ど〜しても見たいのです!お願いしますm(_ _)m
walker-inthesun
2010/03/25 17:21
catwalker様
昨夜、IDやパスワードを登録したはずなのですが、まだファンサイトから承認?の連絡が来ません。承認されなかったという事ですかね〜…。
やり方が悪かったのか…。
お手数をおかけして済みません。

walker-inthesun様
今挑戦しているところで、私はまだ人に教えられる段階ではありません。済みませんm(__)m。
OKOGE
2010/03/25 21:54
>OKOGE & walker-inthesunさん
随分前に登録したので 私もどうやったのか忘れてしまったけど・・・同じyahoo!でもjapanじゃなくukやusaから申し込むとよかったかしら?
ちなみに私はukのIDになっていますので お手数でも試してみてください。
それから"Passing Strangers"はTVshowからの音源で 映像ではございません。
catwalker
2010/03/26 00:11
catwalker様
紹介して頂いたファンサイト、グループオーナーの承認待ちと分かりました。何でこんなに掛かるのかな〜…。怪しい奴だと思われているのかな〜…。

walker-inthesun様
もう少し待ってください。
OKOGE
2010/03/26 02:29
catwlker様
”Passing Storanger"は動画じゃなかったんですか・・・この曲だいのお気に入りで妄想いっぱい膨らませていたもんですから、動画だったらぜーったい見たいと・・はやとちりでしたね(笑)
OKOGE様
んなわけで騒いだのですから、いそがなくても結構ですよ。でもね私なりに解らないながら、いろいろやっていくうちにUKのyahooに登録してファンサイトもう少しで開けられそうなとこまでいったんですよ!でもすぐ邪魔がはいってまたやり直すともうわかんなーい・・・(;_;)
walker-inthesun
2010/03/26 14:45
walker-inthesun様
お待たせしていて申し訳有りません。
私の方は相変わらす、グループオーナーからの承認を待っている状態です。
晴れて承認されてから、気分の良い状態で連絡しようと思ってましたが、心の狭い自分を反省しました。
ところで、walker-inthesun様は、もうGroupに登録出来ましたか?UKのyahooに登録したとの事ですが…。
例のGroup
http://launch.groups.yahoo.com/group/scott_walker/
に行き、その登録したUKのyahooのIDでログインして、後は登録手続きすれば良いと思います。
まだ承認されてないので偉そうな事は言えませんが、健闘を祈りますm(__)m。
OKOGE
2010/03/27 21:25
OKOGE様
んにゃんにゃ・・・それがそのー・・IDでたしかに一度登録できたはずなんですが、そこで用事ができていったん閉じてまたやり直したらもうIDがちがうとかなんやらかんやらで・・だいいちえーごじゃわかんないっつうの(;_;)・・・恥ずかしながらまあそんなとこっす。また気を取り直して再挑戦してみまーす。
walker-inthesun
2010/03/28 17:25
catwalker様
上の2つの記事では、コメントが会員用しか無いため、こちらでコメントさせて貰いました。

みんな、こちらのブログでただで楽しませて貰っているのですから、有料の「広告OFF」設定なんてする必要有りませんよ〜!
だいたい、広告がこちらのblogと一切無関係なのは、みんな分かってますから〜!

ところで、ファンサイト、何が悪かったのか未だに承認待ちですが、気長に待ちます〜。

また、In 5 Easy Pieces 、オークションで未開封のものが出品されてます。
http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c237362095
私は、カナダアマゾンで注文してあり、もうキャンセル出来ないで出荷の予定が立っているとのことなので確実に手元に入りそうです。5月初めになりそうですが…。
カナダアマゾンも、5千円弱で、最低の送料を含めても5千円台で購入できます。その場合荷が届くのが私の場合7月だったのでその上のランクの輸送にして6400円くらいです。届くのは、5月連休辺りですが…。
欲しいのに未だの方は、見てみてください。
OKOGE
2010/03/30 11:16
>OKOGEさん
自動広告の件、ご不便をおかけしました。
コメント欄のチェックを外すのを忘れていました。
ご指摘ありがとうございます。
yahoo!groupsの登録がスムーズに行かないようで 私も?と思っております。
以前はIDやパスワードがダブっていなければ住所などを記入して即OKだったんですけど。。。
どなたかもっとお分かりになる方がいらしたらぜひお知らせ願います。
>りんごさん
ブレッソン監督のコメント欄に寄せていただいた「りんご」さんの情報は 今後別の記事に回しますので ご了解願います。
 
catwalker
2010/03/30 14:11
catwalker様
晴れて、ファンサイト、やっと承認されました。ご心配をお掛けして申し訳有りませんでした。
先程覗いて来ました。まだ少ししか見てませんが、色々楽しめそうです。
教えて頂いて有難うございましたm(__)m。

walker-inthesun様
気を遣わせて済みませんでしたm(__)m。
その後、どうですか?ファンサイト、登録出来ましたか〜?

前回載せるのを忘れました。
In 5 Easy Pieces のURLです。
カナダアマゾン
http://www.amazon.ca/5-Easy-Pieces-Digi/dp/B000H0MKDI/ref=sr_1_15?ie=UTF8&s=music&qid=1269968343&sr=8-15
OKOGE
2010/03/31 02:04
cat walker様へ
了解しました、又の機会にお願いします。
りんご
2010/03/31 10:59
ゆうべ、NHKラジオの亀淵昭信の番組で、スコットのIf You Go Awayがかかりました。それだけですけど、うれしかった。昔、オールナイトニッポンで亀淵昭信がロックの歴史を解説してたころ、毎週ノートをとってたことがありました。
pp
2010/03/31 13:13
記念すべき100番目のコメント欄、私がイッタダキ!!!
りんごさんご紹介のモノマネ聴きました。吹き出しましたぁ。別の記事で詳しく知ることができるそうで、とても楽しみです。
0109archangel
2010/03/31 19:02
OKOGE様
くくく〜っどーしてもうまくいかないっ(>”<)
今自分的に冷静に新しいことに挑戦できないみたいです。生活状態が落ち着いてから再チャレンジしまっす。
0109archangel様
100番目ご来場オメデトウございまーす!自分のブログじゃないんですけど(笑)りんごさんの情報おもしろいですよねー
walker-inthesun
2010/03/31 21:22
 たまたまBSチャンネルをチャカチャカ押していたらレッド・ツェッぺリンのブラック・ドッグのライヴビデオをやっていました。ロバート・ブラントもセクシーだけどジミー・ペイジってやっぱり凄いんだなーとびっくり。変な形容だけどギターが滑っぽい。鋭いというよりは独特の柔らかさと言うか、膨らみのある素晴らしい個性のテクニックですね、ほんと今頃ですけど。なんでも旬の時に食べず嫌いしてずっと大人になってから「こんなにおいしかったのか!」って思うことがよくあります、からすみやふきのとうみたいに。
Scottのドリフトもこんな感じですこしずつ味わっていけるのかも。一瞬すべてを忘れるほどの衝撃でした。
だから音楽って素晴らしい。
swallow
2011/03/17 15:39
Robert Plant - "Farmer In The City" at Abbey Road  スコット・ウォーカー Scott 音楽のみなもと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる