スコット・ウォーカー Scott 音楽のみなもと

アクセスカウンタ

zoom RSS Happy Valentine Day

<<   作成日時 : 2011/02/12 16:21   >>

トラックバック 0 / コメント 59

このblogを始めて2月でちょうどまる5年 思い返してみたら2月14日バレンタイン・デーの話題を取り上げていなかったんですね〜^_^;

・・・何故って申し上げるまでもなく Scott Walkerに出会ったその日から45年 心の中は毎日がバレンタイン・デーでしたから 一年に一度じゃ収まらないってもんです ネッ皆さん?!

画像


ご存じのように スコット・ウォーカーはUKの音楽雑誌による1968年のMr.Valentineに選定されています。↓(右はMiss ValentineのLulu)

画像


外国ではこの日 男女双方から愛を誓うカードや花の贈り物をするようですが 日本では女性から男性への様々な思惑がこめられたチョコが乱れ飛ぶ日。。。
 
そのチョコレートといえば・・・「不二家」。

画像


1968年ウォーカー・ブラザーズ来日時に撮った不二家ルック・チョコレートのCMは 日本の津々浦々の家庭で見られウォーカーズの知名度が一般にも広がっていきました。
ただ当時の日本では まだバレンタインにチョコを贈る風習がなかったですね。

画像
 

♪「ボクノスキナ ボクモスキナ カワイイチョコレット スキサフジヤ〜」 などと日本語で歌うスコット&ジョン・・・「メロディ〜ダイスキ」とスコットが言ってたので せっせとメロディ・チョコを買ったもんですが・・・当時流行っていたサイケ調のポップアートが ウォーカー・ブラザーズの雰囲気とは全然合わず CMもポスターも私は好きじゃなかったのよね。。。

とはいえThe Walker BrothersのFujiyaのCMは 「外国の人気芸能人」が関わった日本のTVCMのさきがけとなり 資料的にも よく保存されていたものだと感慨深いです。 (チャールズ・ブロンソンの「ウーン マンダム」よりずっと早い!)



Scott Walkerと同じ時代を生きてきた私たちファンのValentine Dayには 甘い薔薇色よりも・・・澄明な深みをたたえた琥珀色の・・・それもハートじゃなくてハーフ・ムーン型のチョコがふさわしいかな〜。 (「半月」というクリームせんべいはありますが〜)(-_-;)
時に「月に叢雲 花に風」 時に「おぼろ月」 雲に見え隠れする上弦の月は 夜ごとに光が満ちて 人生のフィナーレにフル・ムーンとなって輝いてくれることでしょう。


                 まぁ早い話・・・このお方が

画像


                   こんなになっても↓                        

画像


                   あんなになっても↓

画像


                     たとえば・・・

                若く野性的なヤツが現れても↓

画像


                   「本命チョコ」は・・・

 NOEL SCOTT ENGEL WALKER  ただ一人!(^^ゞ

画像

           (珍しいスコットの無精(?)ひげ 好きです〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(59件)

内 容 ニックネーム/日時
思わず、うふ うふ と声出ちゃいました。catwalkerさん、素敵なユーモアのセンスをお持ち。バレンタインデーだったんですよね。不二家のチョコ買って食べよ。
0109gel
2011/02/12 16:32
【2006/02/05 16:45】この年月日時間が、このブログ誕生の瞬間だったのですね!!
タイトルは【Scott Walker 11年ぶりのNew Album 完成! いよいよ5月に発売】
http://bouncerseebouncer.at.webry.info/200602/article_1.html

5周年おめでとうございます!! & 山ほどの感謝!1
0109gel
2011/02/12 17:32
初めまして。
いつも貴重な情報と、沢山のスコットのLOVEパワーを有難うございます。
完璧なスコットの無精ひげも超素敵です!!
勿論、本命チョコは彼以外は考えられません♪♪♪
スコットは永遠ですから!!!

今までは気恥ずかしくてコメントも出来ませんでしたが(X X;)
これからも宜しくお願い申し上げます。
michiko187
2011/02/12 19:40
>0109gelさん 早速のお気遣いコメントをありがとうございます。 私も忘れていたんですけど 5周年だったんですね。 ここ1年は皆さんのお力の賜物です。
私はPCも初歩 文章1行書くにも写真1枚選ぶにも時間がかかり かなりの労力が要ったのは確か。
皆さんのコメントに こまめな反応ができなくて申し訳ないのですが この場をScott同様愛していただければと願っております。

>michikoさん スコットにドドスコスコスコ「Love注入」されましたね! こちらこそよろしく! 
catwalker
2011/02/12 23:52
Scott音楽のみなもと5周年オメデトウございまーす!!当時55歳だった方は50歳に50歳だった方は45歳になられたわけですね。?要するにScottに再会してこのブログに集うひとはみな若返っているという訳ですよ。30歳?お黙り!(笑)
不二家のポスター。近くのお菓子屋さんに毎日ルックチョコ買いに行っておずおずとお店のおばさんに「あの3枚のポスターください!」とお願いして店頭用フラッグをもらいました。3枚ぺプラムみたいに繋がってお店の天井や陳列棚なんかにぶらさげるやつ。「こんなもの欲しいの?」と言われながら抱きしめて帰ってきたけれど、飾る部屋とてないし、まじかに眺めると近すぎて気を失いそうになるし、いつしか段ボールの奥底に・・何年か経って取り出したら、「うーんサイケで悪趣味〜」とあっさり捨ててしまったのです〜(モッタイナイヨー)
catさんの言うとおりその後、アンディ・ウイリアムスが味の素の、ソフィア・ローレンが「ラッタッタ〜」のCMに登場して日本のCM市場を賑わしていったのですよね。oh!ダーバンもね!
お髭のScott、これは1968年のMr.Valentine選ばれた時ルルとのツーショットのですよね。照れ屋でわざと無精ひげで登場したのかしらん?どうやっても良い男はイイ男なの!!
michikoさん
いつも私のUPにコメント有難うございます。これからもよろしくお願いいたします。
swallow
2011/02/13 10:39
Scottに持ってるすべての愛をこめて私からのValentine Present
I Threw It All Awayを♥♥♥
http://www.youtube.com/watch?v=hAjeJn9d2So

数年前私を絶望の中から救い出してくれた1曲です。
swallow
2011/02/13 11:23
くどくてすいません。このアップの見どころは何と言っても彼の大人の魅力です。セクシーでしょ。
あと中盤で若いScottと会話してるようなシーンもポイントです。
「ボクの音楽はこれからどうなってしまうんだろう?」
「大丈夫。そのうち報われるさ」
のような感じ。
そう、諦めなければいつかは報われるのさ。大丈夫ダヨ・・・Oh! Hug!!!♥
swallow
2011/02/13 11:39
え?ひげのscott、知らなかった....。
pp
2011/02/13 14:38
「完璧なScottの無精ひげ」Michikoさん、私も写真を見て久しぶりに反応してしまった。Catwalkerさんお久しぶりです。ブログは5年経っても、Catさん、ますます若返っているのでは?これからもよろしく。
TC
2011/02/13 16:26
>swallowさん
不二家のポスター ヤッパシね〜。。。
私も誕生日ごと若返ってます(#^.^#)
つーか・・・脳の退化かも(-_-;)
"I Threw It All Away" 私も好きな歌です。Dylanのも好きなんですが 詞がまたいいんですよね〜。
それでまた言いにくいのですが・・・映画の制作年数の最後が抜けてますヨ。199→1996
これひょっとして「swallowを探せ」ゲーム?! 
catwalker
2011/02/14 00:50
>TCさん
ご無沙汰しております!
在京時は本当にお世話になりました。またblogで孤軍奮闘していた時には TCさんはじめ力強い味方に支えられて続けることが出来ました。特にご一緒したLondonでのかけがえのない体験は生涯忘れることはできません。 
お髭に反応してくれるなんてサスガ粋な江戸っ子だわ! また気軽に声をかけてくださいね。

>ppさん お髭の写真はswallowさんがご案内のようにLuluと一緒の時でしょうね。今でもあごひげならお似合いだと思いますが Scottは多分手入れするのが面倒くさそうね〜。
catwalker
2011/02/14 01:17
catwalkerさん
うほほ〜毎度すいませんね〜(><)swallow脳トレで任天堂に売り込もうかしらん?説明文のとこでよかった〜。タイトルロールだとやり直しだものー(^。^;)
swallow
2011/02/14 09:46
矢継ぎ早に失礼
hiroさん0109gelさん、おまっとさんでした。

I Never Dreamed in Summer です
http://www.youtube.com/watch?v=kCWF7bm4BbQ
swallow
2011/02/14 16:37
あはは・・・
失礼!こんどの失敗は自分で発見。こっちが正解です。
http://www.youtube.com/watch?v=XcuEbqve54g
swallow
2011/02/14 17:00
早速アップロードありがとうございました。フレーズごとのphotoの拘りといい今回も素晴らしい演出で感動しました。星座の中からScottのphotoが出てきたり、Webbの”The moon`s A Harsh Mistress"とも重なってとってもうれしかったです。swallowさんの心からのBirthday Presentしっかり届きました。ありがとう。感謝!
hiro
2011/02/14 17:49
ハッピー・バレンタイン!!

「完璧なSCOTTの無精ひげ」に、ノックアウトされてしまいましたが(X X;)
40年ぶりの過激な「LOVE注入」に、思わず不二家のルック・チョコレートも買ってしまいました(X X;)/
皆さまから頂いたSCOTTのLOVEパワーに、ワクワク・ハラハラ・ドキドキしながら(^。^;)
ご一緒に、大好きなスコットを応援したいと思います!

どうぞ宜しくお願い致します。

michiko187
2011/02/14 18:28
hiroさん
誕生日、まだですが、おめでとうございます〜!!
swallowさんの"I Never Dreamed You'd Leave in Summer"、雰囲気が出てて、とてもステキですね〜!!

michikoさん
こちらこそ宜しくお願いします〜!
みなさん、好き勝手にやっているので、気軽に参加して下さいね〜。

Luluと一緒の時の写真はよく見た事有るけど、Scottの髭は、今まで気が付きませんでした〜。よく見ると、ホント、髭、生えてる〜。
当時、不二家のLookチョコはよく食べました〜。懐かしい〜。今もまだ売っているのがスゴイ!
今年のバレンタインは、特にチョコレートを買わず、誰にもあげずに終わってしまいました〜。どっちにしろ、義理チョコは、あげた事が無く、せいぜい家族に無包装のむき出しのチョコをあげるくらいなので…。
それに、旦那がチョコ好きで、家に常に有るし…。
ハハハハハ…。夢が無い…。
OKOGE
2011/02/14 22:53
swallowさん、これもほんとにすてきです。ありがとう。お礼を言いたくて…。

ミスター・バレンタインの写真は何度も見たけど、ひげに気づいていませんでした。それとも当時は話題になったのに私が忘れちゃったのかな。今にして思えばあの写真、何かひっかかるものがあったのはあごのラインだったのか、とあとから思ってます。私、男の人の無精ひげ好きなんだけど(っていうか、好きな人の無精ひげをじょりじょりさわるのが好きなんだけど)scottはね〜。わざわざミスター・バレンタインに選ばれた晴れの日にひげを伸ばしてくるなんて、どういう心理だったんでしょうね。
pp
2011/02/15 13:10
ppさん
UPお気に召してなによりです。michikoさんが星の王子様って言ってました。あの星座とScottのかぶったところはフェードを調整していたら偶然できちゃったんですよ。やっぱ宇宙をつかさどるお方なのかもしれませぬ。
ppさんったらぁ好きな人のお髭を・・だってぇ^^;
!まてよ・・そうしてみるとScottのお髭も触ったらじょりじょりなのかしらん?・・・うわー想像するだけで倒れそー@_@;
swallow
2011/02/15 15:38
拡大Scottの無精ひげ写真を見て、大発見!家の旦那の目の色はScottと同じだ! すみなせん、皆さんにはどうでもいいことでした。
ycockerh
2011/02/17 13:23
ycockerhさん、無意識に目の色に惹かれてたんじゃありませんか。そうなると、旦那さまにscottのこと、話しにくいですよね。私、つれあいにはscottのこと内緒なんです。気づいてるとは思うけど、恥ずかしくってとても言えません。
ところでycockerhさんって、「さあ、行こっかー!」って気合を入れるときの名前じゃありません?
pp
2011/02/17 15:47
ycokerhさん
おうちにScottのおめめがあるの?贅沢〜!!でもね、くれぐれもダーリンの瞳の中にScottを探したりしちゃあだめよ。
ppさん
うちは公然の家庭内浮気です。そのうち旦那の撮った写真でアップロードしてゴキゲンを取るつもり(
^≦)V
とりあえずまたアップしました。
「ぼくの恋人はみんな笑ってる」なんて意味じゃないことくらいはわかるんだけど・・・
All My Love's Laughter
http://www.youtube.com/watch?v=BAQ0RuOFRaM
swallow
2011/02/17 21:53
swallowさん
All My Love's Laughter 大好きな曲です!!
ありがとう〜!!!
OKOGE
2011/02/17 23:31
ppさん
今まで考えたこともない私のニックネームの発想。 しばらく一人で笑い転げていました。 その後も、思い出すたびに笑いがこみ上げてきて、夫に「今日どうかしてるよ」なんで言われています。 yはfirst nameのイニシャルです。cockerhは苗字の一部です。 この名前はイギリス人の名前です、夫は元を正せばイギリス人の家系。 Swallowさんまたまた素敵な作品ありがとうございます。 私もこの曲が大好きで、いつも車の中で歌って大声で歌っています。Swallowさん、大丈夫ですよ。夫はScottに負けず劣らずの
handsome guyです。 Scottより20歳年下です。 まだ、講師や助手で教えている若いころは、女子学生からもてもてで、ラブレターをもらったり、彼のアパートに入ってきて、(時にはまどから進入してきて) いきなり服を脱ぎ始めたり(アメリカの女子学生は過激ですから)とハンサムなゆえに余計な苦労が多かったようです。 私と結婚したのはどうもその反動のようです。 喜んでいいのか。。。
 

ycockerh
2011/02/18 00:14
OKOGEさん
有難うございます。私もこの曲大好きです。歌い終わった後のスライド・ギターの余韻がなんとも心地いいでしょ。ここを空けとくのがもったいなくて、考えあぐねた結果、笑顔の綺麗な女優で埋め尽くそう!となった訳です。基本的に自分の好きな人ばかりだけど、中でもお気に入りはマリリン・モンロー。このポートレイトはキュートでしょう?あとはアンナ・カリーナとナタリー・ウッドかな。お歳がバレるピックアップよね(笑)
ycockerhさん
贅沢もここまで聞かせられると、げっぷ(失礼!)
ハンサムな旦那様のオメ目にScottの瞳までおまけつきとはね。おごっそさんでした。
うちの旦那や息子をどう裏返して見てもScottのスの字も出てこないけど、ありがたや、娘婿の肘から手先がScott宿してるんですよ。初対面の時、暑かったので「ちょっと失礼」と、かしこまったスーツの上着を脱いでネクタイをゆるめて、シャツの腕まくりをしたら!ドキュンときましたね。「いい人ね。ママはオッケーよ♥」他の難しい事はいっさい旦那任せで結婚賛成しちゃいました(^^;)今でも遊びに来ると「腕まくりして♥」とおねだりされて変な姑におびえている彼。「人の亭主で遊ばないでよ!」とおかんむりの娘。
swallow
2011/02/18 11:16
Swallowさん、 
気分悪くさせちゃってすみませんでした。 でも、Scottのあの長い足にはいくらイケメンの夫もどう逆立ちしてもかないませんね。 
ycockerh
2011/02/18 14:22
ycockerhさん
気分悪くなんてしてませんよー。でも御主人のお若いころの女子学生の猛アタックのお話はFOXのドラマの1シーンみたいでとってもコーフンしちゃいましたよ(^。^)たのしー
swallow
2011/02/18 17:26
アップロードにオタッキーな今日この頃の私。こないだから観るたびに「うーむ」と唸っちゃうアップを発見。とてもセクシーだけどよく出来てると思います。曲の内容にかなり忠実ですし。賛否両論だとは思いますが、ご紹介。
Hear Come's The Night
http://www.youtube.com/watch?v=M4STVSuAuso&feature=related
swallow
2011/02/18 21:43
swallowさん
私も最後の演奏のみの部分好きです。
ところで、このマリリンモンロー、ホント、かわいいですね〜!この中のphotoでは、あとキャサリンロスと最初の笑顔(誰ですか?)と最後の雪割草…へへへ。
いずれにしろ、自分とは程遠い、色っぺー人ばかりで…。
ところで、Hear Come's The Night、私には毒かな〜

ycockerhさん
うらまやし〜!いやいや、いけない、いけない、自分の旦那に満足しなくちゃ…。
ところで、ppさんのycockerhさんの読み、「さあ、行こっかー!」って、感心しましたよ〜。「あぁ、そっかー!(sockerh)」って。なんだー、違ったんだ〜、残念!
OKOGE
2011/02/19 01:46
OKOGEさん
All My Love's Laughter の後半の女優達はつぎの順番です。
ジュリア・ロバーツ〜キャサリン・ロス〜オードリー・へップバーン〜ジュリー・クリスティー〜カトリーヌ・ドヌーヴ〜クラウディア・カルディナーレ〜アンナ・カリーナ〜ブリジット・バルドー〜マリリン・モンロー〜ナタリー・ウッド〜ナタリー・ポートマン、そしてOKOGEさんお気に入りの雪割り草ちゃんです。みな、爽やかな自然な笑顔を選びました。Scottはジュリー・クリスティーがお好みだったらしいけど、彼女の笑顔のって意外とないんですよね。だから映画のスチールにしました。
格言!やっぱし女は愛きょう!笑顔の素敵な女性でいましょうね!
swalllow
2011/02/19 11:41
swalllowさん(swallowでなくswalllow、カッコいいです〜)
あぁ、これがあの有名なジュリア・ロバーツですか。えへ、もう、何十年もまともに映画観てないし…。ポールニューマンのスティングの次に映画館に行ったのは、息子達連れて魔女の宅急便とドラえもん…。しかも寝てたし…。
よーし、格言!めざせ!ジュリア・ロバーツ!
アハ!
OKOGE
2011/02/19 14:56
はーYouTubeってホントに世界中の人が観てるんですねーって今更な事をびっくりしてるんですが。
実は今朝2人も外国のユーザーからメッセージをいただきまして。二人とも私の(を?)チャンネルに登録してくれて「とってもよかったよ」みたいな。困ったのはお返事です。「Thank you so much」くらいは書けるけど。ああ学生時代にもっとまじめにリーダー勉強しとくんだった。あせあせ;
でもそのユーザーの一人がアップしたのがちょっと良いので紹介します。
Scott Walker tribute
http://www.youtube.com/user/TheGreenAlzic?email=subscription_create#p/u/4/Xi_E_EW4YdQ
swallow
2011/02/20 15:24
しつこくてすいません。もう一つ良いの見つけたんスよ。シュールでステキ
Man from Reno
http://www.youtube.com/watch?v=wWQSWlquw-0&feature=related
swallow
2011/02/20 15:38
swallowが選ぶWalkersのかっちょいい曲ベスト3の第3位!!(druming〜dadadada・・・)
Another Tear Falls!!
http://www.youtube.com/watch?v=1LuCIUzAP3g
アップしました〜
swallow
2011/02/23 12:30
swallowさん  拍手!!! いいですねぇ。
最後に登場する【例の本の表紙】、何度観ても素敵ですね。全く読めていなく、お恥ずかしい限りでトホホ…なのですが、インテリアの一部としての役目は立派に果たしてもらっております(恥)
0109gel
2011/02/23 16:59
0109gelさん
早速にありがとうござんす。swallow独断と偏見にてかっちょいいベスト3の1位2位はそのうち勝手にまたアップします。え〜?とかこれが〜?とか言われても決めちゃうのだ!
我が家ではあの本だけじゃなく、5枚組なんかも堂々とインテリアになっとります。旦那がモノ言いたげにじーっと見てるけど「イイ男でしょ?」と軽くいなしております。
swallow
2011/02/23 17:23
Walkersのかっちょいい曲ベスト3が楽しみです(^▽ー)ノ
1位と2位も私の「お気に」だとイイなぁ〜♪
michiko187
2011/02/23 19:12
michikoさん
コメント有難うございました。
ほんっとに私の好みで決めちゃうのでご期待に添えるといいんですけど・・・^^;
swallow
2011/02/23 22:05
坐骨神経痛ってご存知?やーね、のっけから・・・でもただ今Swallowそれで参っております。muleさんが御自分のブログで「痛いよー」ってぎっくり腰に泣いていたのをからかっちゃったらバチが当たったみたい(猛反省)
かっちょいいWalkersの2位1位を作ろうとしてもいよいよテンションが上がらず、腐りきっていましたら、こんなの見つけてなんだかもの凄くしあわせな気分になりました。
http://www.fooooo.com/watch.php?id=7uvNyb99f9s
John Walkerなんだけどとっても良いステージ。オクサマのCynthiaも素敵な人。Walkers時代のメドレーを
さらりと、でも丁寧に歌うJohnってやさしい良い人なんだなぁとしみじみ思いました。見てくれはコワモテの頑固爺にしか見えないんだけど、ギターも相変わらずの腕前でかっちょいいオヤジですよ。
swallow
2011/02/24 12:27
おっはよーございまーすっ
ほとんど自分のブログみたいにしてるSwallowです。Johnの2009年のコンサートビデオを観て単純に元気を取り戻しまして、たちまち出来上がりました。
かっちょいいWalkersの第2位は・・・・・
Seventh Dawn!!!!でしたー♥えーっ?!とか思った?
かっちょいいというよりは二人のハーモニーがすばらしい。さすがデュオのプロだなと思いまして。
http://www.youtube.com/watch?v=92V1-f5N4SU

うーん・・さわやか〜イテテ(伸びしたらあいたたた)
swallow
2011/02/25 09:54
2月6日 NHK教育テレビ「日曜美術館」のテーマは、「小島一郎」だそうです。録画しなくては!です。
0109gel
2011/02/27 10:03
Seventh Dawn 2位納得!swallowさんお大事に!!!
0109gel
2011/02/27 10:05
0109gelさん
有難うございます。ポンコツの身体なれど気分だけは元気です。お尻にテーピングを張ってもらって湿布張って満身創痍でいよいよswallowが勝手に選ぶかっちょいいWalkersの第1位の発表です!!!!!!
My Love is Growing!!!イェーィ!
http://www.youtube.com/watch?v=EXPWxcz0mzs
マジでー?って声が聞こえそう・・I Need YouとかEverything Under The Sunとかあるじゃん?って。
うーんでもそのメジャーなレコードのB面に結構かっちょいいのが隠れてんのよね。若さいっぱいのみずみずしい歌声がゴキゲンです♥
swallow
2011/02/27 22:21
訂正 3月6日の「日曜美術館」でしたぁ。
My Love is Growingでしたか。なるほど!!
0109gel
2011/02/28 09:26
今、アメリカではニュースをつけるとScott Walkerの名前がいやと言うほど聞こえてきます。われ等が愛するScott Walkerではなく、Wisconsin州知事の Scott walkerです。 この人物は保守派の最右翼Tea Partyの代表格の政治家です。 十日ほど前に、州の財政立て直しを理由に、公務員の健康保険、年金をの補助を廃止する事、組合の団体交渉権を剥奪する等の信じられない暴挙を施行しようとしています。 州都では反対デモが毎日繰り返され、全国から支援者が集まってくるはで、大変な騒ぎです。 テレビに彼の写真が出るたびに彼の金持ち優遇、労働者切捨ての露骨な政策にただただ怒りがこみ上げてきます。 彼は組合側の譲歩のにも全く応じず強行姿勢を維持しています。 なんで同じ名前なの!!
Scottが可愛そう。。。。 とニュースを見るたびに思っているのは私だけみたいです。




 
ycockerh
2011/02/28 11:59
ycockerhさん
ウィスコンシン州のスコットウォーカー氏、幾度となく見かけております。グーグルなどでScottの画像を探すと必ずこちらか、アイスホッケー選手が出てきます。確かに保守派らしい雰囲気でしたが、そんな強権家だったとは・・・我がScott様が知ったらやな顔するでしょうねー。しかし日本でもこの頃アメリカのTea Partyの事が時々話題になっています。面白い活動方法ですよね。
swallow
2011/02/28 14:28
3月、移り気な春の訪れを待ちわびながら、アップロードを作っていたら、思わず涙が出てしまいました。自分の作品でこんなに感極まってしまうなんて。でもそれはScottの歌唱もすばらしいのと、この曲がまさに彼の不屈の人生観にはまっているからだと思うのです。
 The Impossble Dream[TV shows version]
http://www.youtube.com/watch?v=FB40ReKraw0

Free againに似てるところもありますが、こちらに私は自分で感動しちゃった。
swallow
2011/03/01 15:39
Swallowさん、
The Impossble Dream[TV shows version]のUPありがとうございます。 私も感動して涙がでそうになっています。 ところで、Swallowさんが勝手に選んだベスト3ですけど、 私の名付けた”addictive" カテゴリーの2位3位とオーヴァーラップしていますね。 addictiveカテゴリーはメロディーや歌詞がいつも頭のなかで繰り返し繰り返し聞こえてきて中毒状態になる曲す。 このカテゴリーの1位は Randy Newmanの I don't want to hear it any moreです。この曲をはじめて聞いた時、しばらくメロディーが耳から離れなくて、気がつくと歌っていると言うような状態でした。Randy の曲は人間臭くて、歌詞が大好きです。 「アパートの壁が薄すぎる〜。」なんて、日本語じゃなかなか歌詞にならないような事を自然に歌詞に取り込んでしまえるのがすごいですよね。 いつか、これもお願いしますね。 ところで、家の息子はRandy Newmanの曲で育ったようなものです。 Toy Story 1-3や Monster Inc. などディズニー映画の主題歌を多く手がけていますから、 よく二人で踊りながら歌っています。   
ycockerh
2011/03/02 00:54
swallowさん  The Impossble Dream、これまた素晴らしい。Scottの軌跡を、尊敬の念と溢れるほどの愛で構成される世界。他を圧倒し差をつけまくっていらっしゃるという印象です。次は何?楽しみです。

ycockerhさん  【「アパートの壁が薄すぎる〜。」なんて、日本語じゃなかなか歌詞にならないような事を自然に歌詞に取り込んでしまえるのがすごいですよね。】のコメント、さすが英語ペラペラの方ならではといった切り口、勉強になります。改めて、そうなんだぁ〜と思ってしまう自分の英語力のなさにうなだれつつ(恥)ですが、自分に出来ないことは、出来る方に教えて頂くことが一番!を信条にしつつ、これからも有り難く読ませて頂きます。よろしくお願いしまぁ−−っす!!!
ところで、さっき、次の本を注文。
「ビートルズにいちばん近い記者 星加ルミ子のミュージック・ライフ 」淡路 和子著 河出書房新社 発売日:2010/9/17 http://www.amazon.co.jp/gp/product/430927207X/ref=oss_product#_ W・BやScott関連の記事もあるよう。で、衝動買いです。ギャツ!! 
0109gel
2011/03/02 10:33
ycockerhさん
RandyNewman、いいですよね。ScottはこのRandy、Jimmy Webb、Mickey Newburyらがお気に入りのようで、沢山歌っています。catさんが以前、私達コメンティエーターに好きな曲のベスト3を募った時がありましたが、その時1番人気だったのが、“I don't want to hear it any more”でした。私もあのScottの切なそうな歌声が忘れられません。
0109gelさん
ぬわに!?気になるのを見つけられましたの。お手元に届きましたら、ぜひ関連記事をお教え下され。
swallow
2011/03/02 16:09
ycockerhさん
I don't・・・ではないのですが、私の好きなRandyの曲“Marie”をアップしました。
武骨な男の切ない恋心をJohnのハスキーヴォイスが泣かせます。Johnは高音だけどこういう男くさいバラードがとてもステキですよね。
“・・your flower,your river,your rainbow・・”なんてRandyの朴とつとした歌詞が飾り気のない男の純情でしみじみ・・・
http://www.youtube.com/watch?v=dzYFPjLofD4
swallow
2011/03/03 22:23
Swallow さん
Marieのアップありがとうございました。ビデオを見ながら、 Garyが No Regrets / Our Story の本の中で 「Scottと僕は普通だけどJohnは映画俳優みたいだ。チャールトン ヘストンにそっくりだとよく Scottと話していた。」と言うようなことを言っていたのを思い出しました。 こうしてみるとJohnもなかなかいい男ですよね。
Swallowさんは Randy Newmanの Marie を聞いた事がおありでしょうか。私はCDを持っています。 なかなか味のある声ですが、どうも隣のおじさんが歌っているような気がして。。。
彼は今年のOscar のOriginal Music 賞をToy Story 3 の主題課 We belong togetherで獲得しました。 Toy Story 3のEndingは、このテーマソングに乗って、ついほろりと来るぐらいに感動しました。 まだ、彼の声を聞いた事がないと言う方がいらっしゃったら、このvideo” 私のお気に入りのShort People”を聞いてみてください。 http://www.youtube.com/watch?v=1NvgLkuEtkA&playnext=1&list=PL51176D6EE822D713
ycockerh
2011/03/04 13:18
ycockerhさん
チャールトン・ヘストン!なるほどね。私個人的には名前忘れちゃったけどアメリカの女優さんでJohnに極似の人がいると思ってたけど。にしてもScottは普通じゃないぜGary。
 Randy NewmanのMarieはたしか試聴したことがあります。独特の声と歌い方ですよね。カントリーなのかなぁ。Toy Storyでアカデミーとったのは新聞で知ってました。快挙ですよね。Scottを通じて知っているだけなのになに?この家族感は(笑)Short Peopleも良い曲。有難うございました。

0109gelさん
星加ルミコさん、未だお元気ですかね。この方ほんとにうらやましかったー。だって武道館公演の時、楽屋にべったり入り浸っていたんですよ。いや密着取材ってんだけど。今でも覚えてる。「・・Johnがシャワーを浴びてドライヤーをかけていたら、Scottもシャワーした髪を狼みたいに振りながら出てきて・・・」って貴女そんなとこに居たの?!未だに許せん。書いてもらっててなんだけど・・・
話しが変わりますが、この星加さんがロンドンのウォーカーズに電話インタビューしたのも思い出します。
最初に電話口に出たJohnに「あなたの名前はマースですか?モウスですか?」と聞いて彼はマースと答えていましたね。その後Scottに代わるんだけどそこが面白いの。なかなか来なかったScottは「今Johnの奥さんのキャシーがランチを作ってくれたんで食べてたんだ」と。仲良くJohnの家で奥さんの手料理を御馳走になってるなんて微笑ましくていいじゃないですか。つかの間の平穏な時期でしたね。Johnはしばらくしてキャシーとも離婚しちゃうしWBも解散しちゃうし・・・
swallow
2011/03/04 22:11
星加ルミ子さん、あこがれの人でしたよね。この本を今、アマゾンで立ち読みしましたが、ミュージックライフが日本文化史に与えた影響って大きいと思います。歴史学者の先生方はちゃんとわかってるかな。
知人のご夫婦が、実はミュージックライフのメンバー募集で知り合って結婚した、という話を聞いてっびっくりしたことがあります。彼女がドラムで、メンバー募集を出したんですって。彼はベースで、他のメンバーはいなくなって2人だけになっても、ドラムとベースのユニークな演奏活動をしてました。
pp
2011/03/05 10:38
ppさん
そういえばMLの巻末にMLマーケットなるコーナーがありましたね。今私が持ってる1970年5月号ののコーナーにもあるある、“シカゴやBS&Tのようなジャズロックのグループを作ろう、ドラム、ピアノ求む・・・女性バンド結成したし。やる気のある方求む。・・・リードヴォーカル求む・・・”皆熱かったっすねぇ・・
 そう!MLはニッポンの歴史を変えたぜよ!(なんで龍馬になる?)
実際海外でもMLの内容の濃さは定評ありましたよね。豪華な装丁も掲載されたアーティストが大喜びしてましたもの。
話が流れますが、先日クィーンが40周年迎えてロンドンでイベントが盛り上がってるトピックスを観ました。そして日本のメディアだけにインタビューが許可されました。なぜかというと当時あまりメジャーでなかった彼らが来日した際、日本のファンがビートルズ並みの歓待をしてくれてそれがUKのメディアに伝わって大スターになれたというのです。よくMLでもグラビアに載ってましたよね。その後クイーンは世界で初のプロモーションビデオを発表したのだそうです。
MLは日本のみならず世界の音楽界の歴史も変えたのじゃー!!!(^。^)/
swallow
2011/03/05 22:08
偉大なるアーティストScottWalkerに捧げます。
WE'RE ALONE TVshow versionです。
http://www.youtube.com/watch?v=bm2fM3lQdtc

舞台で観てるように作ってみました。
swallow
2011/03/07 22:18
「ビートルズにいちばん近い記者」斜め読み終了。
第一章から第六章までの本文計281P中、W・BやScottについて書かれているのは約24Pほど。ページ下には年表と簡単な解説があります。
あとがきに記されていますが、著者の淡路和子さんは、約3年間星加さんから全仕事とそれにまつわる出来事について聞き取り細かに調査を続けられたそうで、
ちなみに、星加さんは今、本を執筆中だそうですが、凄い女性がいたものです!
目次その他をアマゾンで立ち読み済みだったので、W・Bが来日した1968年付近から拾い読み。
皆さんご存じのことかもしれませんが、少しご紹介しますね。来日公演中のこと、スコットは、アメリカにいる母に送りたいからと、ミュージックライフのバックナンバーを2〜3冊持ち帰ったそう。来日のことが決定した瞬間のことについては、W・Bのロード・マネージャーだった友人の結婚式に出席するから、そこに来てよと星加さんがスコットに誘われ出席。この夜、レコーディングするというスコットからスタジオに来てくれと言われ、レコーディング終了後に日本公演について探りを入れたところ、あっさりと認めたのだそう。そこで、「ミューシック・ライフ」の招待ということで元W・Bの3人を呼ぶことになり、水面下での交渉が始まったとのこと。
0109gel
2011/03/08 14:43
その他、スコット不在で行われた「ゲイリー・ウォーカー&レイン」の全国ツアーやスコットの詫び状のこと、飛行機嫌いに関する色々、「声の年賀状」のこと来日延期騒動時の星加さんと関係者の行動、「ジョアンナ」の版権に関したエピソードなどなど。
ミュージックライフを一冊も持っていない私、WB来日時にはミュージックライフしか情報源がなかったことを知っている私、このブログに参加させてもらった2年前?に再熱し初めて出会ったような気分で軌跡を辿っている私にとって、この一冊は「思い出の旅路的な本」。時間を作り、ゆっくりこの世界に浸る予定です。
0109gel
2011/03/08 14:43
0109gelさん
有難うございましたー♥うむむむむ・な、なるほど・・
欲し欲し虫がうごめき始めました。gelさんがここまで書いて下さったのになんですが、ただ今発注してしまいました。我慢できずに、でも中古で・・・・(笑)
swallow
2011/03/08 15:35
Happy Valentine Day  スコット・ウォーカー Scott 音楽のみなもと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる