スコット・ウォーカー Scott 音楽のみなもと

アクセスカウンタ

zoom RSS ♪《スコット・ウォーカーに恋して》

<<   作成日時 : 2011/03/10 18:19   >>

トラックバック 0 / コメント 30

遅くなりましたが 昨年11月9日にwatanabeさんから寄せられた曲の素敵な訳詞を本稿にUPします。

イギリスのMartin Newellさんが昔作ったポップ・バンド "The Cleaners From Venus" の持ち歌で "In Love with Scott Walker"というタイトル曲。 
ビートルズの"Strowberry Fields Forever"のようなファニーな感じの曲調ですが 題名や歌詞に"Scott Walker"の名前が入ってるなんて 「0109gel」さんならずとも大いに気になるというもの。
ペーソスとウィットを交えた英語歌詞を訳されたPenelopes watanabeさんの日本語歌詞が 映画の会話のような雰囲気で洒落てます。

「スコット・ウォーカーに恋して」 (Penelopes watanabe訳)

ほら彼女だ 見えるよね
秋の光が彼女を探し求めていた場所で
ミネラルウォーターを口にしてる彼女が

彼女 スコット・ウォーカーに恋してるんだ

今では年を取り 君にもわかるだろうが
美しい彼女にも時間の経過が忍び寄ってる
今ではもう大人になった娘がいる彼女

彼女 スコット・ウォーカーに恋してるんだ

*ゆらゆらと
おぼろげな日々へと揺れ落ちて行く彼女
彼女 素敵な女の子だったんだよ
雨の時にピッタリの

彼女の高層フラットで彼女に逢ったことがあった
ウォーカーの歌を聴きながら彼女 窓拭き掃除夫と会話するつもりなんだ
彼に自分のことをマリーナと呼ばせようってね

*(繰り返し)

前に酔っぱらった時 
彼女 スミスフィールドのポーターみたいに毒づいてたっけ
そうあるべきほど良い女なんかじゃない彼女

彼女 スコット・ウォーカーに恋してるんだ

さようならマリーナ
君の窓拭き掃除夫より
さようなら さようなら
どうか泣かないで
さようなら・・・

「The Penelopes watanabeによる音楽日記ブログ」のこちらに解説と歌詞と音源があります。

" In Love With Scott Walker" by "The Cleaners From Venus"

There she is, I'm sure you've caught her
Sipping at her mineral water
Where the autumn light had sought her
She's in love with Scott Walker

Older now, I think you'll find her
Beautiful, though time's behind her
Now she's got a grown-up daughter
She's in love with Scott Walker

Down she sways
  All her misty days
  She was a good-looking girl
  For a rainy time

High up in her flat I've seen her
Hears the songs and thinks they mean her
Talking with the window cleaner
Lets him call her Marina

  Down she sways
  All her misty days
  She was a good-looking girl
  For a rainy time

Once, when she was drunk, I caught her
Swearing like a Smithfield porter
She's no better than she oughta
She's in love with Scott Walker

Goodbye Marina
From your window cleaner
Goodbye goodbye
And please don't cry
Good bye bye bye bye bye
bye bye bye bye....


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★2010年11月のコメント欄より★

0109gelさん・・・
『swallowさ〜ん これ、あれですよ〜っ。 
歌詞が気になっていたあの曲、"In Love With Scott Walker"ですよっ。
swallowさんがおっしゃっていた「彼女はスコットに夢中・・」というタイトルも有りですね。 waanabe様、感謝!!』

swallowさん・・・
『まずはwatanabe様有難うございまーすっ
gelさん良かったですねーっ(^。^)
謎の深海から突然プカリと浮いてきたかのようなこの"She's In Love With Scott Walke”の対訳。 Youtubeで聴き直しフムフムです。』

0109gelさん・・・
『きみまろではございませんが、熱狂したあれから40年…。10代でScottに夢中になった私も、人生の秋にさしかかる頃。 この歌詞、けっこう気に入ってます。
YouTube流しながら♪そ-うなんですよ〜っ♪ ♪I'm In Love With Scott Walke♪って一緒に口ずさんでまぁす。』

swallowさん・・・
『そうなのよね〜この歌詞ってまるで私達にぴったりの共通点があるんですよね。 美しかったか、素敵な女の子だったかはさておき(コホン)  歳もとったし、大人になった子供もいる。  歌舞伎町のオネエみたいに毒づいたりもするわ。 そして亭主には窓拭きじゃないけど皿洗いをさせてるしね。  そしてそして・・そうよ!ずーーっとScottWalkerを愛してるわーーー!!!!! いけない?』

hiorさん・・・
『swallowさんのコメント"いけない?"
うん、うん全然いけないなんて思っていないです。
だってその気持ち"憧れ”とか“思慕”ってことでしょう?
それって気持ちを前向きにしたり、明るくしたりするものでしょ。
violaの事で同じような事を経験しています。
この曲勉強してみたいな〜とか、弾けるようになったらいいだろうな〜と思う曲を練習していくうちに、時間はかかるかもしれないけど、必ずマスターし、自分のものになります。
そこには、音楽や、楽器への思い”憧れ”があるからだと、思っています。 同じように40年以上過ぎてもこんなにも"熱い思い"、素晴らしいではありませんか・・・Scott Walkerの音楽を通じて元気をいただいています。』

OKOGEさん・・・
『ホント、自分達を歌われているようで、嬉しくなりますね。 watanabeさん、有難うございます〜!!』



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

watanabeさんご紹介の歌詞を読んで脳裏に浮かんだのは・・・スコットの代表的な自作曲 "It's Raining Today"。

雨が似合う素敵な女性だった"In Love with〜"の女主人公マリーナの心を占めるスコットへの憧憬とは対照的に "It's Raining Today"では 「雨の日」の窓ごしに男の胸に不意に蘇る青春の恋の思い出をサラリとスケッチ。

すべてが奇跡のように美しい作品でしたが 両者で面白いのは どちらの歌詞にも思い出を埋め合わせるための「話し相手」が登場するんですよね。

"In Love with Scott Walker"では 窓ふき掃除の男(window cleaner)
"It's Raining Today"では 宿の女将(old landlady)


画像


3月生まれの皆さまの思い出に♪・・・        

"It's Raining Today" 「雨の日」 (詞・曲 Scott Engel)
     1969年アルバム"Scott 3"より。




It's raining today
and I'm just about to forget the train window girl
That wonderful day we met
She smiles through the smoke from my cigarette

It's raining today
But once there was summer and you
And dark little rooms
And sleep in late afternoons
Those moments descend on my windowpane

I've hung around here too long
Listenin' to the old landlady's hard-luck stories
You out of me, me out of you
We go like lovers
To replace the empty space
Repeat our dreams to someone new

It's raining today
And I watch the cellophane streets
No hang-ups for me
'Cause hang-ups need company
The street corner girl's a cold trembling leaf

It's raining today
It's raining today


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(30件)

内 容 ニックネーム/日時
ブログ更新ありがとうございます〜。とても元気になります。Catさんには頭が下がるおもいです。感謝。
hiro
2011/03/10 19:23
catwalkerさん
ただ今swallowは涙ふきふきキーボードに向かっております。
本日、我が57回目のバースデイは朝から主人との喧嘩で始まりました。腰が痛いのにあれこれ用事に追われているところに「めしはまだか!」の一言にブチギレて大喧嘩。「こんな誕生日は初めてよ!」と怒鳴ったら、忘れていた事に気がついたらしく大急ぎで逃げ出してしまって。みじめで情けなくて一日中べそかいて、夕方PCを開けたら・・・きゃー
≪スコット・ウォーカーに恋して≫が!
あっという間に悲し涙がうれし涙に変わりましたー
そして私の胸の内を知っていたかのように“It's Raining Today”がプレゼントだなんて〜♥ささくれだっていた心を優しくいたわってくれるようなScottの歌声に心身ともに癒されました。有難うございますー。やっぱりすてきな57回目のバースデイになりました・・・亭主?まだ怯えてます。
swallow
2011/03/10 22:16
swallowさん
辛い時はScottの音楽の中にいるのが一番ですよ。知らないうちに、気持ちが変わって、穏やかな気持ちになっています。“私の場合”
swallowさんお誕生日おめでとうございます。私の時は曲をプレゼントしていただきましたが、今私には、swallowさんに、送れるものは共にScottの音楽を聴き続ける心だけです。これからも曲を楽しみにしています。一日も早く、″”の痛みから、解放されますように。早く元気になってね。いつもありがとう。
hiro
2011/03/11 08:30
swallowさん 
お誕生日おめでとうございます!!!!
素晴らしい動画をプレゼントして頂いた私も、hiroさんと同じ気持ちです。ありがとう!!!という言葉の花々がたくさん溢れそうなバスケットフラワーもお贈りしたいです。飾りのリボンは、勿論、スコットが好きなブルーです。

catwalkerさん ありがとうございます!!
本当に【題名や歌詞に"Scott Walker"の名前が入っていたら大いに気になる】ですね。英国におけるスコットの存在感も大いに感じられ大いに嬉しい!
0109gel
2011/03/11 09:11
hiroさん0109gelさん
ハートフルなプレゼント有難うございます。もうこの歳になるとモノじゃなくて温かい心のこもった「言葉」が一番嬉しいです。そしてScottの歌声ってなんて優しいんでしょう!ブルーリボンのバスケットをかかえてScottの歌声に抱かれてもう幸せの極地ですぅ・・(♥♥)

昨日の自分のコメント、オオモモミ○コさんのツイッターみたいで恥ずかしー(笑)
swallow
2011/03/11 10:15
"In Love With Scott Walker"
スコット・ウォーカーに恋して・・・。
まさに、私達の心の歌ですね。
watanabe様に大感謝です。
辛い時も、悲しい時も、嬉しい時だって、私達はSCOTTの魅惑的な腕の中に生きているのですね(^▽^)

swallowさん
遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございます♪♪♪
優しいご主人様が、お側にいらして目茶お幸せですね。
SCOTTに恋して、乙女心で参りましょう!!!

michiko187
2011/03/11 14:19
catwalkerさん、
しばらく音沙汰がないと思っていたら、 ダダーン!(これは日本語でいうところの「ジャーン!」かな?)」凄いものを作っていましたね。 コメントがおくれてすみません。 Scottの Royal Ballet団のページです。 皆さん動きが早くて、二三日見ていないともう話題が変わっていてついていくのが大変。また、出遅れてしまったというみじめな気持ちです。 ま、しょうがない14時間も時差がありますから。。。??
Swallowさんお誕生日おめでとうございます。 日本の女性は世界一長生きしますから、57歳なんてまだまだ夢見る乙女で行けますよ! 
ycockerh
2011/03/11 14:49
catさん、他関東から北、の方々大丈夫ですか?御無事でいらっしゃることお祈りします。東京は無事です。
swallow
2011/03/11 16:22
swallowさん
お誕生日おめでとうございます。
腰の痛み、大変ですね。ストレッチが結構いいかもです。写真付の分かり易い本が売っているので、試してみてください。

地震、凄かったですね。まだ余震が有るし…。みなさんのご無事を祈ります。
OKOGE
2011/03/11 21:43
michikoさん、ycockerhさん
メッセージ有難うございます。
ただ今日本は大変な自然災害、大地震に見舞われています。北国に引っ越されたcatさんが心配でなりません。他にも被害を受けていらっしゃる方はいらっしゃいませんか?御無事をひたすらお祈りしています。怖い〜
swallow
2011/03/11 21:44
皆様のご無事を心よりお祈りしております。くれぐれもお気をつけ下さいお元気でいて下さい。九州より
0109gel
2011/03/12 08:25
北国へ引っ越されたCatさんの事が心配です。無事であることを祈っています。関東地方の揺れも凄かったです。皆さまの無事を祈ります。
hiro
2011/03/12 19:11
皆さまご心配をおかけしております。
当地(日本海側)もかなりの横揺れが長く続き、生きた心地がしませんでした。

こちらの地域では家屋や人的被害はありませんでしたが、直後から停電になり、弱ったことに、
暖房器具が全部電気を使うものしかなく、気温が0度前後なので、カイロと厚着と防寒着で過ごしました。
それでも冷え込んで寒かった〜。
(ホームセンターの石油ストーブや乾電池はすぐ売り切れ)

先ほど電気が復旧。明かりが灯った時は、ホッとして思わず拍手してしまいました。
わずか一日半の間でしたが、えらく長い一日に感じられました〜。

ニュースはラジオからだけだったので、TVで各地の凄まじい被害の様子を目の当たりにし、その恐ろしさに呆然とするばかり。。。

まだまだあちこちで余震が続いています。
落ち着かない状態ですが、皆さまも十分に注意なさってくださいね。
皆さまのお気遣いに心より感謝申し上げます。
catwalker
2011/03/13 00:35
catさん
良かった〜!!ご無事で何よりです!!

それにしても、被害がひど過ぎて、言葉が有りません。あっという間の出来事で、これ程までの被害になるとは…。TVの映像が「これが日本?」と信じられませんでした。亡くなられた多くの方々、気の毒でなりません。

OKOGE
2011/03/13 00:58
catさんご無事で何よりでした。
とんでもないことになってしまいましたね。
被災地の方々に微力でも何かできないかと思いますがどうしても落ち着いて考えるということが出来ません。
思いつくのは本屋で募金活動でもということくらいで。
ぼくたちが役立てることって何でしょうね。
まずひとりでも多くの人の無事と亡くなった方々の冥福を祈ることから始めます。
miracle-mule
2011/03/13 01:00
catさん、本当に御無事でよかったです(涙)
能天気なくせに、心配事となると悪い方にばかり考える性質で、よく子供達を困らせたものですが、今回も私にしては珍しく音楽を聴くことも出来ませんでした(あたりまえか)
地震大国、ニッポン・・だとしてもこんなにいっぺんに幾つも起きるものなんでしょうか?
東京から引っ越されて1年弱でこんな怖い目に遭ってしまったcatさん、お気の毒です。どうか気丈夫に乗り越えてください。心の応援しか出来ませんが。

また、他にも被災されているコメンティエーターの方いらっしゃいますでしょうか?いずれにおかれましても心からお見舞いいたします。また、亡くなられた方たちの御冥福をお祈りいたします。
swallow
2011/03/13 10:19
Catさん、コメントを読んで、ホットしました。それにしても、余震も続いているようだし、心配です。亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
hiro
2011/03/13 12:34
OKOGEさんmichikoさんycockerhさん
皆さんにオメデトウ言っていただいたのい地震騒ぎでパニクってしまい、失礼いたしました。catさんの御無事を知ったとたんに元気が出ました。改めて有難うございました。お礼の気持ちではないですが、こんなのを見つけましたので御紹介。不思議なくらいScottの歌が合っています。古いアニメーションですが、イイ感じです。
http://www.youtube.com/watch?v=NXhD1dDSVj4&feature=related
ファンタジーの世界で気分転換・・・
swallow
2011/03/13 17:01
swallowさん、これ、面白いですね。実によく合ってます。どこのアニメーションでしょうか。衣裳はロシアっぽい?それとも北欧?物語の続きが気になります。
pp
2011/03/13 17:41
ppさん
ね、面白いでしょう?これ調べたら、ソ連時代(1952)のアニメーションなんです。物語はセルゲイアクサーコフですが、美女と野獣を元にしているそうな。
1987年にロシアで英語の字幕付きバージョンをリリースしてDVD化して再発行しているようです。
監督:レフ・Atamanov
プロデュース:Syuzmultfilm(ロシア語むずい)

0109gelさん星加ルミコさんの本とどきましたー
面白く懐かしく読みました。それにしても凄いパワーですね。根性が座ってるというか、でも幸せな仕事人生だったのねと羨ましい限り。
ウォーカーズの話をもっと聞きたかったな。でもあの当時を凄く思い出しました。muleさんとこでも70年代前後の話で盛り上がったばかりで、頭ン中がすっかり昭和の学生時代のオトメになってマスノ;^・^;
swallow
2011/03/13 22:08
ppさん
書き忘れました!題名は「スカーレットの花」でーす♥
swallow
2011/03/13 22:32
catwalkerさん 
すでにご存じかと思いましたが書き込みします。
【英紙「がんばれ東北」…日本語見出し】http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110313-00000026-maip-soci.view-000 Scottも祈ってくれていると思います。
0109egl
2011/03/14 19:16
catwalkerさん
gelさんの言う英紙、ニュースでもやってましたよ。Scottも思い出の日本の大惨事、きっと知って胸を痛めていると思います。
私からもcatさんの記事ですけど、掘り起こしてエールにします。
http://bouncerseebouncer.at.webry.info/200702/article_4.html
おらが郷里のきりたんぽ・・・(笑)
swallow
2011/03/14 21:49
今日の授業を今回の地震・津波の犠牲者への黙祷ではじめました。 同僚、友人、夫の親類から電話やメールが相次いでいます。「日本の家族はだいじょうぶ?」その度に「私の家族は日本の一番北にある島にいますから大丈夫。それより、犠牲者のために祈ってあげてください。」と繰り返してます。 あしたは日本でも話題になっているNew York Timesの Nicholas Kristofの社説を全員で読んでクラスをはじめようと思っています。 もう日本語全訳がどこかに出ているかもしれません。 感動で涙がでてしまいました。 どなたか日本語訳を見つけてください。是非みなさんにも呼んでいただきたいですね。 ニコラス クリストフです。
英語の原文はこちら
http://kristof.blogs.nytimes.com/2011/03/11/sympathy-for-japan-and-admiration/
私の大学のジャパンクラブはあしたから募金活動をはじめます。 遠いアメリカから日本の一日も早い復興をいのっています。
ycockerh
2011/03/15 09:33
catwalkerさん
未だに余震に悩まされる毎日ですね。その後お住まいの方はいかがですか?寒さと恐怖の生活は心身ともにやつれる思いでしょう。お察しいたします。
私達も被災された方々の様子をニュースで見るたび何も出来ない現実に苛立ちふさぎがちな気分で暮らしています。
でも何か元気づけることはないかしら?と思い、catさんのためにこんなものを作りました。ロンドンまでScottの軌跡をたどったcatさんの思い出をScottの軽快な歌声とともにつづってみました。少しでも気持ちが晴れますように・・・
I Got Lost For A While(London Walker)です
http://www.youtube.com/watch?v=2Uo2tFB5nAA

swallow
2011/03/17 17:01
 こちら関東はいつ計画停電で電源切られるかもしれないので、もう一つもアップしてしまいました。
Scottのハイセンスでジャジーな歌い方が粋です。大人のそして若造のどちらのScottも素敵でしょ。
節電に灯りを落として静かな夜のひととき、こんな大人の曲で疲れた心を癒してみては?
♪Easy Come Easy Go
http://www.youtube.com/watch?v=agBOJFp98p4
swallow
2011/03/17 21:55
ycockerhさん
ニコラス・クリストフ氏の記事たどたどしく読んでます。また、こちらのニュースショウでもこの記事からかは解りませんが、似たようなコメントを海外のメディアが報道していると伝えています。
「こんな大災害に遭った日本人の秩序ある冷静な態度が高く評価されている。」と。クリストフ氏が日本駐在の時に遭遇した阪神大震災の後私達はいろいろ学び、地震大国に生きる国民としての心構えは出来ているはずでした。でも今回の災害は本当に想定外の規模でした。あまりの惨状に被災者は騒ぐこともできず、ただ茫然と悲しみの中に居たのだと思います。しかしながら避難生活はどんどん悪くなるばかり。次々襲ってくる寒さと飢え。昨日まで豊かに暮らしていた日本で飢えなんて!救済に向かうにも一面のがれきに足を取られ、それだけでなく、今なんとも情けないのは、なんの被害もない東京等の人達が風評の踊らされて、ガソリンや食料、果てはトイレットペーパーまで買い占めたために、物資を送るためのトラックのガソリンが無くなってしまったのです!何処が冷静な国民でしょうか!現地からは毎日のように1日ひとつのおにぎりしかない、薬がない、暖房の為の灯油がない・・・一人、また一人とお年寄りや病人が避難所で亡くなっていきます。
そんな中、先日奇跡のような出来事が。ある避難所に1機の軍用ヘリが降り立ち、沢山の水や毛布、お菓子などを運びこみ、すぐに飛び立っていきました。アメリカの軍用ヘリコプターでした。日本の行政の対応の遅さに業を煮やしたのか、全く突然現れてとりあえずの救済に現われたのです。涙を流して喜ぶ被災者の映像を見て有難いと思うと同時に何事もへんに几帳面に情報がないと決断や行動に移せない日本の行政の在り方に地団太踏む思いです。早く助けてあげたい被災者は今夜も極寒の中悲しみと闘っています。
swallow
2011/03/18 21:53
ycockerhさん
ウェブの状態がわるくてやっと今日映像を見ることが出来ました。インディアナ大学で教鞭をとっていらっしゃる様子、真剣なまなざしで聞き入っている学生さん達、インタビュー等。
日本の被災者に少しでも力になりたいという気持ちが伝わってきました。
swallow
2011/03/21 10:57
ycockerhさん 
私のPC、映像が観られません。残念。一時帰国なさる6月には笑顔が少しでも増えているよう祈るだけです。
0109gel
2011/03/23 16:24
(訂正分再up by catwalker)

5月の末に学生25名をつれて姉妹都市の栃木に行く予定でしたが、最悪の事態です。 旅行が大学側の意向でキャンセルになりました。 福島原発の様子を 見ると仕方がないとは思いますが。 学生の気持ちを考えると、あと2ヶ月はあるのでいい方向に向かないかと祈るような気持ちで毎日過ごしていました。 夢にまで見た日本にあと一歩の所で、骨折と言う感じです。 
地元のテレビにも出たのに、残念。 
日本文化概論の授業の中テレビの取材に来ました。 学生達と残念会でもしようかと話しています。 昨年の私も5月殻準備して、膨大な時間をかけて個々まできたのですが、こんなことになるとは。6月の半ばころ日本に帰ろうと思っています。 運転免許の更新をしないといけないので。その時に状況が好転すれば、個人レベルで私にくっついて日本に行きたいと思っている学生がまだ結構いるんです。救援活動に参加したいなどと言っている学生もいて、こちらもしばらく同様指導です。 残念ですが、犠牲者や被害者の方々のことを考えると、こんなキャンセルぐらい屁でもありませんね。
ycockerh
2011/03/23 23:34
♪《スコット・ウォーカーに恋して》 スコット・ウォーカー Scott 音楽のみなもと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる